葉酸サプリは妊活だけじゃなくプレ更年期改善にも有効だった!

葉酸サプリは妊活だけじゃなくプレ更年期改善にも有効だった!葉酸サプリの40代プレ更年期世代への効能について。

「葉酸サプリ」の商品広告を見ていると、どの広告にも赤ちゃんや若い妊婦さんの写真が掲載されていているので、プレ更年期には関係のない栄養素の印象を受けます。

しかし、葉酸について詳しく調べてみると、プレ更年期の改善にとても有効であることがわかり、むしろ40代女性には欠かせない栄養素でした。

このページでは「葉酸不足で起こる症状」や「プレ更年期の改善効果」などを中心に葉酸の必要性や有効性をご紹介しようと思います。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

葉酸の基礎知識

葉酸は1941年にほうれん草から発見されたビタミンB群の成分で「ビタミンB9」「ビタミンM」とも呼ばれています。

葉酸が発見された状況などを詳しく紹介。

葉酸は、細胞分裂や造血作用など「体の成長」に関係していますが、特に重要なのが核酸(DNA)の複製を助けるはたらきです。

人間は、細胞分裂によって1つの細胞を2つ以上の細胞に増やしながら成長しています。

細胞が2つに分かれるということは、細胞内にあるDNA(遺伝子情報)を2つに複製する必要があります。

DNAは遺伝子情報を保存している「データファイル」のようなもので、このDNAファイルを正確に複製(コピー)するはたらきを助けているのが葉酸です。

つまり、葉酸が不足するとDNAの複製が正常に行われず「間違った遺伝子情報を持つ細胞」(染色体異常)が生まれてしまいます。

特に胎児の場合は、奇形や発達障害など「先天性異常」のリスクが高くなります。
ですから細胞分裂が盛んに行われる胎児には葉酸が必要不可欠なのです。

よって、胎児に核酸を届けるために、妊娠期の母親には特に葉酸の摂取が推奨されており、母子手帳にも葉酸の必要性が記載されています。

しかし、葉酸が必要なのは妊婦や胎児だけではありません。プレ更年期の女性にも葉酸による細胞の新陳代謝の促進や造血作用は必要です。

そこで「葉酸不足で起こる症状」をご紹介しようと思いますが、その前に、葉酸は摂取しにくくて不足しやすい栄養素であることをご理解いただこうと思います。

食事性葉酸の吸収率は50%

葉酸は、体内で蓄積されにくい「水溶性ビタミン」です。
ですから、食事によって毎日摂取する必要がありますが、葉酸は水、熱、光、長期保存にとても弱い栄養素です。

緑黄色野菜やレバーに葉酸は多く含まれていますが、調理方法によって約50%もの栄養成分が失われてしまいます。

そこで厚生労働省は、葉酸を多く摂取しなければならない妊婦に対して「栄養補助食品」(サプリメント)による「モノグルタミン酸(合成葉酸)」の摂取を推奨しています。

なぜ、厚生労働省は食事から摂取する「自然葉酸(食事性葉酸)」ではなく「合成葉酸(サプリメント)」を推奨しているのでしょうか?

その理由は、天然葉酸は吸収率(相対生体利用率)が低いからです。

天然葉酸(食事性葉酸)の吸収率(相対生体利用率)は50%
合成葉酸(葉酸サプリ)の吸収率(相対生体利用率)は85%

一定量の葉酸を毎日摂取するには、合成葉酸の方が効率的なのです。

厚生労働省(2015年度版)による成人女性の葉酸の推奨摂取量は240μg/日です。(妊婦は480μg/日)
ただし、この数値は天然葉酸(食事性葉酸)で換算されています。

食事で葉酸を摂取する場合は「調理方法で葉酸の50%が損失する」ことも計算に入れなければなりません。ですから、葉酸を毎日一定量摂取することはとても困難な事なのです。

では、葉酸不足になってしまったらどのようなことが起こるのでしょうか?

葉酸不足で起こる症状

葉酸不足の成人に起こる代表的な3つの症状を詳しくご紹介します。

悪性貧血

葉酸の不足は貧血を招きます。

葉酸の不足は貧血を招きます。

血液中の赤血球は骨髄で作られていますが、赤血球には寿命があることをご存知ですか?赤血球は「約4ヶ月」(120日前後)で死滅してしまうので、骨髄で常に新しく作られているのです。

葉酸はビタミンB12と共に、赤血球内の核酸(DNA)を合成するはたらきを助けています。
しかし、どちらか一方でも栄養素が不足すると、核酸(DNA)の情報が正確に伝わらず、細胞分裂の際に異常な細胞が生まれてしまう可能性が高くなります。

それは骨髄内でも起こることで、栄養不足のために核酸(DNA)の合成が正常に行われず「未熟な巨大細胞」(巨赤芽球)や「巨大な赤血球」ができてしまいます。

その結果「未熟細胞による赤血球不足」や「巨大な赤血球が原因の血行不良」により、血中酸素の運搬能力が低下してしまうことで貧血症状が起こるのです。

この貧血を「巨赤芽球性貧血」(悪性貧血)と言い、めまい、立ちくらみ、頭痛、息切れなどの症状が起こります。

したがって、悪性貧血の予防には葉酸とビタミンB12をバランスよく摂取することが大切です。

動脈硬化

葉酸の不足は動脈硬化の原因にもなります。
葉酸の不足は動脈硬化の原因にもなります。

葉酸はビタミンB12やビタミンB6と共に、肝臓内で「メチオニン」(必須アミノ酸)の代謝には欠かすことのできない栄養素。

メチオニンは、肝臓内の毒素や老廃物を排除して肝機能を高め、血中コレステロール値を下げるという重要な役割のある成分です。しかし、体内で作ることができない必須アミノ酸なので、肝臓内でリサイクルされて再利用されます。

古くなったメチオニンは「ホモシステイン」という中間生成物に合成された後、再び「メチオニン」に戻されるという方法でリサイクルされています。

通常は「メチオニン→ホモシステイン→メチオニン」の順でリサイクル変換が行われますが、この変換に必要な栄養素が「葉酸」「ビタミンB12」「ビタミンB6」です。

しかし、これらのビタミンが不足するとリサイクル活動がスムーズに行われなくなります。

ホモシステインからメチオニンへのリサイクルが行われなくなり、肝臓内にホモシステインが溜まり始めます。そして、肝臓内で過剰になったホモシステインは血液中に流れ出てしまうのです。

本来、ホモシステインは人間の細胞の抗酸化を助ける成分で、美白に関わる「システイン」の前駆体の成分です。しかし、過剰に生成されて血管内に流出すると、ホモシステインは悪玉アミノ酸に変化します。

血管壁のタンパク膜を破壊してコレステロールを血管内に流入させます。また、血管内で活性酸素を発生して「酸化LDLコレステロール」を増加させます。
この「酸化LDLコレステロール」が血管壁に付着すると動脈硬化が促進されるのです。

少し難しい話になりましたが、葉酸不足が肝臓のリサイクル活動を休止させてしまい、動脈硬化の原因になることをご理解いただけたでしょうか?

逆に言えば、葉酸によって肝臓のリサイクル活動が正常に行われると「血中コレステロール値を下げる作用を助ける」はたらきのあるメチオニンが増えるので、動脈硬化の予防になるのです。

粘膜系の疾病(口内炎・胃潰瘍など)

人間には多くの粘膜がありますが、その中でも口内や胃腸は特に細胞の新陳代謝が激しい場所です。

葉酸は細胞の代謝促進に関わる成分なので、不足すると新陳代謝の激しい口内や消化器系の粘膜細胞にダメージを与えます

葉酸は細胞の代謝促進に関わる成分なので、不足すると新陳代謝の激しい口内や消化器系の粘膜細胞にダメージを与えます。

その結果、口内炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが起こりやすくなり、代謝が遅いために傷や炎症の治りも悪くなります。

このように葉酸不足は胎児だけでなく成人女性にも悪影響を及ぼします。

ここからは、葉酸がプレ更年期の改善にどのように有効なのかをご紹介します。

葉酸によるプレ更年期の改善効果

葉酸のはたらきにより改善が期待できるプレ更年期の症状をご紹介します。

葉酸のはたらきにより改善が期待できるプレ更年期の症状をご紹介します。

生理痛・生理不順の改善

葉酸は粘膜の新陳代謝を促進するはたらきがあり、子宮内膜の代謝も活性化させます。

生理は不要になった子宮内膜が体外に排出される代謝行為ですので、葉酸により生理がスムーズに行われることで、生理痛や生理不順の改善が期待できます。

また、葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれるほど貧血予防に効果があります。
ですから、生理による子宮内膜内の貧血状態が改善して血行が良くなることも、生理トラブルの解消には効果的です。

特に、毎月の生理出血が多くて貧血気味になる人には葉酸が有効です。

抗うつ効果

「動脈硬化」のところで「ホモシステイン」という動脈硬化の原因になる物質をご紹介しましたが、血中のホモシステイン濃度と精神には関係性があることがわかっています。

血中のホモシステインが活性酸素を発生させることで精神に影響するプレ更年期の症状(疲労感、イライラ、落ち込み、不眠など)が起こります。

ですから、葉酸によって肝臓のリサイクル活動を正常に行われると「ホモシステイン過剰産生の抑制」になり、活性酸素が影響するプレ更年期の予防改善が期待できます。

また、ホモシステインからメチオニンが正常にリサイクルされると「血中コレステロール値を下げる作用」が高まるので、プレ更年期の太りやすい・痩せにくい症状の改善にも有効です。

肌荒れ・白髪の改善

肌荒れ・白髪の改善

葉酸は細胞分裂を活発にして新陳代謝を促進するはたらきがあります。

肌や髪のターンオーバー(生まれ変わり)を活性化させることで、肌荒れの改善や育毛にも効果が期待できます。

特に、葉酸は白髪の改善に有効な成分です。

葉酸は髪の黒い色素である「チロシン」の産生に関わっており、葉酸が不足するとチロシンが作られなくなるので白髪になります。
ですから、白髪が急増した人は、加齢のせいにしないで葉酸不足を疑ってみてください。

腸内環境の改善

葉酸は口内や消化器系の粘膜細胞の代謝に関係していることは先に説明しましたが、腸の粘膜細胞の代謝にも関係しています。

葉酸によって腸の粘膜細胞の新陳代謝が促進されると、腸の粘膜が強化されて善玉菌が育ちやすい環境になり腸内環境の改善効果が期待できます。

また、腸の蠕動運動も活性化するので、腸内環境の悪化で起こるプレ更年期(便秘、下痢、食欲不振など)改善にも有効です。

おすすめの「葉酸サプリ」

ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

「ベルタ葉酸サプリ」は、1日4粒で400μgの天然型酵母葉酸と、鉄分やカルシウム、27種類のビタミンやミネラルなど、色々な栄養成分が摂取できる栄養機能食品です。

天然型酵母葉酸は、天然葉酸と合成葉酸のメリットを併せた理想形の葉酸。
合成葉酸よりも栄養価が高く、合成葉酸を食品(天然葉酸)と同じ状態で摂取できるので胃腸に優しく吸収率が高いという2つのメリットがあります。

40代女性のマルチサプリメントとしてもおすすめできるサプリです。

詳しくはこちら

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」は、合成葉酸を1日4粒で400μg摂取できるサプリメントです。
合成葉酸は吸収率が85%と高く、厚生労働省も合成葉酸からの葉酸摂取を推奨しています。

女性ユーザーや産婦人科クリニックの意見をもとに作られているサプリメントなので、成分の安全性はもちろんのこと、サプリメントの粒の大きさや匂い、容器に至るまで工夫されています。

全国の有名百貨店でも取り扱われている人気のサプリメントです。

詳しくはこちら

はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸

「はぐくみ葉酸」は、オーガニックレモンから抽出した葉酸を1日3粒で400μg摂取できる、天然成分にこだわりのあるサプリメントです。

合成素材を一切使用せず、サポート成分として配合されている、鉄分やカルシウム、ビタミン、ミネラルなど15種類以上の栄養素も、アセロラやサンゴカルシウムなどの自然素材が使用されています。

100%天然素材なので長期間飲み続けても安心・安全。
合成成分や添加物が気になる人、オーガニック志向の人にもおすすめできるサプリです。

詳しくはこちら

このページのトップヘ