疲労回復だけじゃない!タウリンサプリのプレ更年期改善効果!

疲労回復だけじゃない!タウリンサプリのプレ更年期改善効果!ファイト一発で有名なリポビタンDの女性イメージ

タウリンは、某栄養ドリンク「ファイト一発!」のCMでおなじみの成分ですね。

CMでは「肉体疲労時の栄養補給」や「タウリン1,000㎎配合」が強調されているので、タウリンが肉体疲労の回復に効果があることもご存知だと思います。

しかし「タウリンが肉体疲労にどのように作用するのか」まではCMでは説明していません。

そこで、タウリンについて調べてみたところ、疲労回復以外にも有効作用がたくさんあり、健康維持にとても役に立つ成分であることがわかりました。

このページでは、成分名は有名でも、効果・効能は知られていない「タウリン」についてご紹介します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

タウリンの基礎知識

タウリンはアミノ酸の一種で、骨格筋、脳、心臓、肝臓、血液、眼の網膜など、全身に存在している成分です。

タウリンには体細胞を修復・再生・安定化させることで、正常な状態に保とうする作用があります。このようなはたらきを「恒常性(ホメオスタシス)」と言い、体温や血圧をはじめ、胃酸の濃度やホルモンの分泌量など、様々な生理機能の安定に重要な役割をしています。

そのため、タウリンが不足すると恒常性が乱れてしまい「血圧や血糖値の上昇」、「臓器の機能低下」などが起こります。
その結果「疲労が回復しにくい」「病気になりやすい・治りにくい」体になるのです。

タウリンは食品で補う必要がある栄養素

タウリンは体内で作ることのできる栄養素です。ですから必須アミノ酸ではありません。
しかし、体内合成量は非常に少なく、不足分を食事から摂取する必要があります。

タウリンを多く含む食品は、肉の赤身部分や魚介類などの「動物性タンパク質」です。
特に、貝類(牡蠣・さざえ・ほたて)や、イカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれています。

タウリンは、貝類(牡蠣・さざえ・ほたて)や、イカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれています。

しかしタウリンは、野菜や果物などの「植物性タンパク質」から摂取することはできません。
さらに、タウリンの体内合成に必要な「ビタミンB12」も野菜には含まれていないのです。

ですから、ダイエットなどの理由で「動物性タンパク質」の摂取を控えている人は、タウリン不足になる可能性があります。

女性はタウリン不足に要注意

また、男性に比べて女性はタウリン不足になりやすいと言われています。

それは女性ホルモンの「エストロゲン」が肝臓内で行われるタウリン合成を抑制するはたらきがあるためです。
ですから、男性よりも女性の方がタウリンを多く摂取しなければならないのです。

さらに40代は加齢による新陳代謝の低下が起こるので、年齢によるタウリン不足も起こりやすくなります。

よって、女性は毎日の食生活でタウリンを積極的に摂取する必要があるのです。

タウリンは加熱に弱い栄養素

では、タウリンはどれくらい毎日摂取したら良いのでしょうか?

タウリンの摂取目安量は「最低でも1日に500㎎」と言われています。
スポーツや過労などの「極度の疲労」の改善目的には「3,000~6,000㎎」の摂取が効果的です。

しかし、通常の食事では「50~300㎎」程度しかタウリンは摂取できていません。
その理由は「タウリンは加熱に弱い栄養素」ということ。

タウリンは熱に弱い成分のため、生の刺し身などから効果的に摂取することが可能です。

タウリンを摂取するには、魚介類を「生」(刺し身)で食べるのが一番良い方法ですが、毎日継続して大量の刺し身を食べることは大変です。

そこで、毎日一定量のタウリンを摂取する方法として、サプリメントの活用が効果的です。
もちろん、市販の栄養ドリンクでもタウリンは摂取できますが、糖分やカロリーが高く、長期継続の摂取方法としてはおすすめできません。

激しいスポーツをした後には、大量のタウリンが配合された「栄養ドリンク」。
日常の食事補助には「サプリメント」と、使い分けをおすすめします。

タウリンは多量摂取しても代謝が早く、必要量以外は尿として排出されるので過剰摂取による副作用はありません。

続いて「タウリンのはたらき」についてご紹介します。

タウリンの主なはたらき

タウリンは全身に存在しており、各臓器でそれぞれ別のはたらきをしています。

タウリンの体内でのはたらき

肝機能の向上

胆汁酸の分泌促進、肝細胞の修復・再生、肝臓の抗炎症作用、解毒作用の強化

心臓の強化

心筋の収縮を高める、血流を増やす

血流・血圧・血中コレステロールの調整

LDL(悪玉コレステロール)を低下させてHDL(善玉コレステロール)を増やす
動脈硬化・高血圧の予防、むくみの解消

インスリン分泌促進

糖尿病予防

視力回復効果

眼精疲労回復、老眼予防、網膜の保護、角膜の修復

腸を活性化

腸内環境改善、便秘予防

このように、タウリンは各臓器を調整・修復・再生しながら、体内環境を一定に保つ「恒常性(ホメオスタシス)」のはたらきをしています。

さらに、40代女性のプレ更年期の症状緩和や改善にも効果的です。

プレ更年期の女性に効果的なタウリン作用

そこで、40代の女性に有効な3つのタウリン作用「疲労回復効果」「生活習慣病予防」「自律神経の調整作用」について詳しく説明します。

40代プレ更年期世代にちょうど良い「疲労回復効果」「生活習慣病予防」「自律神経の調整作用」を持つタウリン。

疲労回復効果

タウリンは肝機能を高めて疲労回復のサポートをするはたらきがあります。

肝臓は肉体疲労と深い関係がある臓器です。
暴飲暴食や睡眠不足、ストレス、激しい運動などが原因で肝臓の機能が低下すると「解毒」や「代謝」のはたらきが不十分になります。

すると、体内で「エネルギー不足」や「毒素の蓄積」が起こり、各臓器に影響することで全身の疲労につながるのです。

タウリンには「肝臓内で解毒や代謝を促進するはたらき」、「筋肉内での乳酸の発生を抑えるはたらき」があります。

この2つのはたらきにより、疲れにくく、疲労回復力も速い体になります。

よって、タウリンは、プレ更年期に感じやすい疲労感や倦怠感、肉体疲労、眠気などの予防改善に効果的です。

コレステロールの低下作用・生活習慣病の予防

タウリンには、コレステロールを材料に作られる胆汁酸の生成を活発にして、体内のコレステロールを減らすはたらきもあります。

タウリンにより胆汁酸が合成促進されると、血液や肝臓内のコレステロールが減ります。
そのため、コレステロールが原因で起こる、プレ更年期の太りやすい・痩せにくい体質改善に有効です。

また、胆汁酸が生成促進されると肝臓のはたらきが高まります。
すると「栄養の代謝・貯蔵」や「解毒作用」が活性化されるので、動脈硬化や脂肪肝などの生活習慣病予防に効果的です。

自律神経のはたらきを正常化する

タウリンには、自律神経のバランスを整えるはたらきがあります。

自律神経のバランスが乱れると「交感神経」が過剰に優位になり心身に影響を及ぼします。
とくに40代のプレ更年期になると、ストレスや加齢によるホルモンバランスの乱れが原因で自律神経が乱れやすくなるのです。

自律神経の乱れは、イライラや不安感、月経異常、不眠など、プレ更年期の不快な症状の原因になります。

タウリンには交感神経をしずめて、自律神経の乱れを調整するはたらきがあるので、自律神経の乱れで起こるプレ更年期の症状の予防改善に有効です。

おすすめの「タウリンサプリ」

海乳EX

海乳EX

「海乳EX」は、1袋に瀬戸内産の生牡蠣約155個分も配合した、天然タウリンたっぷり含む牡蠣肉エキスサプリです。

牡蠣は食品の中で天然タウリン含有量No.1。
また、タウリンの体内合成に欠かせないビタミンB12やタウリンの材料となるメチオニンやシスチンなどのアミノ酸、さらに亜鉛などのミネラル成分も豊富に含まれています。

瀬戸内海産の牡蠣の中でも大腸菌や雑菌の量が少なく、生食用の養殖海域に指定されている江田島産の生牡蠣だけを使用しているので、安心・安全に続けられます。

詳しくはこちら

このページのトップヘ