大豆イソフラボンは女性の救世主!プレ更年期の予防と対策法

大豆イソフラボンは女性の救世主!プレ更年期の予防と対策法

大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンに似たはたらきをする「植物性エストロゲン」の1種で、プレ更年期の予防改善にとても有効な成分です。

美容と健康に良いイメージがありますから、大豆イソフラボン効果を期待して、大豆製品を毎日食べていらっしゃる人も多いと思います。

このページでは、日常、大豆製品から毎日のように摂取している「大豆イソフラボン」について説明します。

大豆イソフラボンのはたらきや、注意点について説明しますので、理解を深めていただき、正しく大豆イソフラボンを活用していただきたいと思います。

大豆イソフラボンとは?

大豆イソフラボンとは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と似たはたらきをする「植物性エストロゲン(フィトエストロゲン)」の1種で、主に、大豆の胚芽に多く含まれているフラボノイド(ポリフェノール)です。

大豆イソフラボンの主なはたらき

大豆イソフラボンの代表的な3つのはたらきをご紹介します。

プレ更年期、更年期障害の予防改善
大豆イソフラボンは、エストロゲンと分子構造が似ているため、エストロゲンの補足的なはたらきをすることができます。

不足したエストロゲンが、大豆イソフラボンによって補われることで、ホルモンバランスの乱れやエストロゲン減少が緩和されるので、プレ更年期や更年期障害の予防改善になるのです。

美肌効果
エストロゲンは、肌のハリや髪のツヤなど、女性らしさに関わるホルモンです。
大豆イソフラボンが、弱くなったエストロゲンのはたらきを助けることで、肌の新陳代謝や保湿力も上がります。

骨粗そう症、乳がん、動脈硬化の予防
エストロゲンは、カルシウムやコレステロールの代謝に関わっており、分泌が減少すると、骨粗そう症や動脈硬化のリスクが高くなります。また、更年期になると、エストロゲンの血中濃度が高くなり、乳がんのリスクが高まります。

大豆イソフラボンのはたらきによって、エストロゲンの補足や、血中濃度の調整が行われることで、骨粗そう症、動脈硬化、乳がんの予防になると考えられているのです。

大豆を食べただけでは効果ナシ

大豆を食べただけでは効果ナシ

大豆イソフラボンというと大豆から摂るのが一般的ですが、大豆製品を食べるだけで、すぐにエストロゲン効果が得られる訳ではありません。

大豆イソフラボン(植物性エストロゲン)が、体内にある「エストロゲン受容体」にキャッチされて、受容体と結合することで、はじめてエストロゲンとして機能できるのです。

そもそも、大豆イソフラボンは「グリコシド型イソフラボン」という、成分が糖と結びついた状態(配糖体)で存在しています。この状態のままでは、分子が大きすぎて吸収されず、受容体とも結合できません。

そこで、最初に行われるのが、腸内細菌の酵素によって「グリコシド型イソフラボン」(配糖体)の糖を切り離し「アグリコン型イソフラボン」(非配糖体)を生成することです。

アグリコン(非配糖体)になることで、エストロゲン受容体と結合できるようになるのです・・・と、ここまでは、植物性エストロゲンのページでも説明しています。

大豆イソフラボンの場合、より効果的にエストロゲンのはたらきをするために、実は、もう一段階の変換が行われているのです。

エクオールの生成

腸内細菌によって、大豆イソフラボンは「アグリコン」(非配糖体)に変換されますが、その時に「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」の3種類のイソフラボンに別れます。

この中の「ダイゼイン」が腸内細菌によって「エクオール」という成分に変換されます。

スーパーイソフラボン

腸内細菌によって「ダイゼイン」が「エクオール」に変換されると、受容体との結合率が高まり、ますますエストロゲンに似たはたらきをするのです。

よって、エクオールは、イソフラボンの中でも「スーパーイソフラボン」と呼ばれ、女性ホルモンのエストロゲンに最も近い物質になります。

しかし、日本人の約50%が、腸内に「エクオール産生菌」を持っておらず、大豆製品を食べても、エクオールが作れません。

エクオールが体内で作れるかどうかは尿検査でわかる

自分がエクオールを作れているかどうかは尿検査でわかります。
郵送で検査ができる簡単な検査キットがあります。

「ソイチェック」(エクオール郵送検診キット)は、名古屋大学発のベンチャー企業(株式会社ヘルスケアシステムズ)が開発した、世界初の測定システムです。
病院でエクオール検査をする場合も、この検査キットが使われています。

「ソイチェック」(エクオール郵送検診キット)販売元直販URL 
//shop.hc-sys.jp/

エクオールを摂取するための3つの方法

ソイチェック検査で「エクオール」が体内で作れないことがわかっても、諦める必要はありません。

エクオールを摂取するための3つの方法を提案します。

毎日、大豆食品を摂取する

日本人の50%は、エクオールが作れないという事実がありますが、実は、年齢や地域によっても、作れる人の割合がちがいます。

若い女性層でエクオールを作れる人は約20%しかいないそうです。これは、食生活の欧米化で大豆製品を食べる機会が少ないことが原因だと言われています。

また、関東在住の女性が約50%であるのに対し、関西在住の女性は約33%だそうです。
関西人は納豆が嫌い、納豆を毎日食べる習慣がないと言われると、納得できる結果に思えます。

エクオール産生菌と大豆製品を食べる習慣には関係があります。
毎日、大豆製品を食べ続けることで、エクオール産生菌が腸内で育ちやすくなるのです。大豆には、腸内細菌のエサになる「オリゴ糖」が含まれていることも、腸内細菌に関係しています。

「エクオール産生菌」を摂取する

1969年、森永乳業の研究によって発見された「ビフィズス菌BB536 」は、エクオール生産菌であることがわかっています。

森永乳業の「ビヒダスヨーグルトBB536」をはじめとする、ビヒダスシリーズのヨーグルト・飲むヨーグルトにはBB536菌が含まれていますので、大豆製品とともに、毎日食べると、腸内でのエクオールが作れるようになるかもしれません。

ちなみに「ビヒダスBB536」は、サプリメントも販売されています。

「エクオール」をサプリメントで摂取する

腸内環境には個人差があり、ストレスや不眠でも腸内環境は変化してしまいます。そこで効率よく成分を摂取する方法の1つに「サプリメント」があります。

はじめから「エクオール」の状態で配合されているので、腸内細菌がなくても確実に摂取できるのです。

大豆やヨーグルトを毎日食べるのは面倒くさい、確実にエクオールを摂取したいという人には、サプリメントが1番手軽な方法です。

>>確実にエクオールを摂りたい人におすすめのサプリはこちら

しかし、大豆イソフラボンの摂取には、注意しなければならないことがあります。

大豆イソフラボン摂取の注意点

厚生労働省は「健康日本21」(国民健康づくり運動)のなかで、豆類を「1日100g以上」食べることを推奨しています。その一方で、食品安全委員会では、大豆イソフラボンの過剰摂取に対して注意を呼びかけ、1日摂取量の上限が設定されています。

日本人は、生活習慣として、豆腐、味噌、納豆などの大豆製品を食べていますが、大豆はタンパク質が多いので、野菜ではなく、肉や魚と同じ「主菜」として考えるべき食品です。

高タンパク低カロリーで、美容や健康に良いからといって、豆腐や納豆をたくさん食べるとイソフラボンの過剰摂取が起こります。
また、近年の健康ブームで、サプリメントや機能性食品が開発され成分吸収効率がどんどん高くなり、ますます過剰摂取が起こりやすくなっているのです。

1日の大豆イソフラボン摂取目安

1日の大豆イソフラボン摂取目安

食品安全委員会が推奨している1日の大豆イソフラボンの摂取量は「イソフラボンアグリコン換算」で70~75㎎を上限としています。
その内、サプリメントで摂取するのは30㎎までです。

サプリメントで大豆イソフラボンを30㎎摂取している人は、食事での大豆摂取は40㎎程度にしなさい、ということなのです。

では、1日の上限である「大豆イソフラボンアグリコン70㎎」って、どのくらいの量なのでしょうか?

大豆の種類や製造方法などでも数値は違いますが「アグリコン換算」の平均含有量は以下のようになっています。

豆腐1丁(300g)   約60.9㎎
納豆1パック(50g)  約36.8㎎
豆乳200ml      約52.1㎎
味噌大さじ1杯(18g) 約8.9㎎

サプリメントを飲んでいない場合でも「1日に豆腐1丁」が限界です。
その理由は、豆腐をどのように食べているのかに関係しています。

普通は、醤油をかけて冷奴で食べたり、お味噌汁の具として食べますね。醤油や味噌も大豆製品ですから、当然、イソフラボンが含まれています。おまけに、味噌や醤油の場合は、発酵の段階ですでに「アグリコン型」なのです。

豆腐は「1日に1丁が限度」ですし、納豆も「1日2パック」は、食べ方によっては過剰摂取になります。

プレ更年期 セルフケア「大豆イソフラボン」まとめ

いかがでしたでしょうか?理想的な1日の大豆摂取量は意外に少ないのです。

美容や健康に良いからと、毎日、納豆を何パックも食べたり、豆乳をゴクゴクと何杯もおかわりしている人は、すぐにその習慣を見なおしましょう。

また、サプリメントは効率よく成分吸収出来る分、過剰摂取になりやすいです。
女性ホルモンの減少があまり見られない人に「エクオール」は、効果が強く出すぎてしまう可能性があります。

まずは「大豆イソフラボンアグリコン」タイプから試してみることをおすすめします。

正しい知識さえあれば、大豆イソフラボンはプレ更年期に効果的です。くれぐれも摂取量には気をつけましょう。

>>体内吸収率が高い「アグリコン型(非配糖体)」のイソフラボンを配合したオススメのサプリメントはこちら

このページのトップヘ