セロトニンサプリは、プレ更年期の不安感や不眠改善におすすめ!

セロトニンサプリは、プレ更年期の不安感や不眠改善におすすめ!

最近、ぐっすりと眠れていますか?
些細な事が気になって眠れなかったり、寝ても疲労感が残っている日もありますよね。

睡眠や心のバランスは、脳内の「セロトニン」という物質がコントロールしています。ですから、セロトニンが正常に分泌・活性していれば、精神不安や不眠になることは防げるのです。

睡眠障害やイライラ・落ち込み感のある人は「セロトニン不足」が原因なのかもしれません。

そこで、睡眠や精神不安の改善に有効な「セロトニン」について詳しくご紹介します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

セロトニンの基礎知識

セロトニンは、消化器官や脳内の神経から作られるホルモン物質で、存在する部位によってはたらきが違います。

人体には約10㎎のセロトニンがあり、以下のような割合で存在しています。

  • 消化管粘膜(90%)腸の蠕動運動を調整
  • 血小板(8%)血液凝固、血管収縮
  • 脳内(2%)神経伝達物質(脳細胞に情報を伝える物質)

このように、脳内にあるセロトニンはたったの2%ですが、脳に情報を伝える「神経伝達物質」として重要なはたらきをしています。

セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、脳内セロトニンが感情や気分をコントロールしているおかげで、人間は「幸福感」(満足感や安心感など)を感じることができます。

しかし、セロトニンの量は男性よりも女性の方が少なく、かつ、加齢やストレスによっても減少してしまいます。
ですから、40代のプレ更年期の女性は不眠になりやすく、感情や気分も変化しやすいのです。

脳内セロトニンの主なはたらき

セロトニンは、精神安定、記憶の整理、睡眠などに深く関わっています。

体内時計の調節と覚醒調整

セロトニンは体内時計をリセットして目覚めやすくします。

朝の起床時に体内時計をリセットして、目覚めを良くします。

精神安定

怒りの感情を起こすホルモンを制御して心を穏やかにします。
異常な興奮や衝動的な行動を抑制します。

依存症の抑制

快楽を与えるホルモンを制御して「満足感」を与えます。
食欲、ギャンブル、アルコールなどの依存を制御。

記憶力・学習能力

脳の記憶情報を整理して「記憶の取捨選択」をします。
悪い記憶を忘れることができるのでストレス軽減作用もあります。

睡眠の質の向上・不眠改善

睡眠ホルモンの材料になり、安眠・休息を助けます。

また、セロトニンは精神安定や覚醒作用のために、心拍数、血圧、体温、痛みの感覚、消化など、自律神経や身体機能もコントロールしています。

そのため、セロトニンが不足すると心身に様々な症状が起こり、プレ更年期の不快な症状の原因にもなるのです。

脳内セロトニンが不足して起こる症状

イライラ、不安感、疲労感、睡眠障害、うつ、パニック発作、知覚過敏、依存症
PMS(月経前症候群)など

このように脳内セロトニンの不足は、睡眠障害は疲労感だけではなく、うつやパニック障害なども引き起こすこともあるのです。

それでは、セロトニンのはたらきの中でも、特にプレ更年期に有効な作用を抜粋して説明します。

プレ更年期に有効なセロトニン作用

セロトニンは、脳内ホルモンの調整や睡眠ホルモンの合成に関わり、精神安定や睡眠に高い効果を発揮します。

そこで、セロトニンにより改善が期待できる「ストレスの緩和」と「不眠の改善」作用について、それぞれ詳しくご紹介します。

ストレス緩和・イライラの抑制

セロトニンにはストレス緩和・イライラの抑制する働きがあります。

セロトニンは、興奮系のホルモンを制御して精神を安定させるはたらきがあります。

ストレスが外部からかかると、脳は興奮系ホルモン「ノルアドレナリン」を分泌します。
このホルモンが脳の神経細胞を刺激することで、集中力や判断力が高まり、ストレスに負けないように脳を奮起させることができるのです。

ところが、ストレスに強く反応しすぎてホルモンの分泌が過剰になると、脳が判断能力を失い、精神バランスが崩れて激高して(キレて)しまいます。
ノルアドレナリンには「怒りのホルモン」という別名もあるのです。

この「怒りのホルモン」を抑制しているのがセロトニン。
セロトニンがノルアドレナリンを調整することで、脳が「ストレスから逃走すべきか、闘うべきか」を冷静に判断できるようになり、ストレスに対応できるのです。

しかし、ストレスが長期的になると、常にノルアドレナリンとセロトニンを分泌し続ける状態になります。すると、両ホルモンの分泌減少や不足(枯渇)が起こるのです。
その結果、意欲の低下や落ち込みなどの「抑うつ状態」が起こり、うつ病の原因にもなります。

ですから、ストレスや緊張を感じる機会が多いプレ更年期世代は、セロトニン不足に注意が必要なのです。

体内時計の調節・不眠の改善・睡眠の質の向上

セロトニンは、睡眠ホルモン「メラトニン」の材料になり、睡眠の質を上げる作用もあります。

そこで「朝の目覚めと睡眠の関係性」をご紹介しながらセロトニン作用を説明します。

朝起きて太陽の光を浴びると、脳内のセロトニンが活動を始めます。
自律神経に作用して血圧や体温を上昇させながら、セロトニンが脳や体を目覚め(覚醒)させているのです。

そして、セロトニンによって脳や体が完全に覚醒すると「体内時計」が1度リセットされて、また新たに1日の体内時間を刻み始めます。

すると、目覚め(体内時計がリセットされた時)から14~16時間後に、セロトニンと入れ替わりで睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されて自然な眠気が起こるのです。

「メラトニン」が分泌されて自然な眠気が起こる引用元:体内時計を調節するホルモン、メラトニン

ですから、セロトニンの「朝の体内時計のリセット」作用は「夜の入眠時間の基準」になるので、睡眠にはとても大切です。

また、睡眠ホルモン「メラトニン」は、セロトニンを材料に合成されています。
つまり、セロトニンが不足するとメラトニンも減少して不足するのです。

メラトニンが不足すると「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「不眠」などの症状が起こります。
また、朝になってもセロトニン不足のために体内時計がリセットされません。
すると、夜になっても眠気が起こらないという悪循環になるのです。

セロトニンは朝の目覚めや夜の睡眠に深く関わっており、睡眠障害の改善にとても大切な物質なのです。

では、セロトニン不足を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

セロトニンを増やすには何が必要?

セロトニンは、脳や消化管の神経で合成されている物質で、直接「セロトニン」を食品やサプリメントから摂取することはできません。
そのため、セロトニンを増やすには、材料になる栄養素を摂取する必要があります。

そこで、セロトニンに必要な栄養素と食材をご紹介します。

セロトニンの材料となる栄養素

セロトニンの材料となる食材を画像つきでクチコミ報告中。
・トリプトファン(必須アミノ酸)・・・豆類、乳製品、ナッツ類、卵、バナナ
・ビタミンB6・・・魚類(マグロ、カツオ、鮭など)、肉類、ニンニク
・ナイアシン・・・魚類(カツオ、マグロ)、肉類
・マグネシウム・・・ほうれん草、小豆、ごぼう、青ねぎ

とくに脳内セロトニンには必須アミノ酸の「トリプトファン」の摂取が重要です。

脳には「血液脳関門」という毛細血管があり、消化器官で作られたセロトニンはこの血管を通過することができません。
ですから、脳内セロトニンは脳でしか作ることができないのです。

しかし、必須アミノ酸のトリプトファンは血液脳関門を通過することができます。
ですから脳内セロトニンを増やすにはトリプトファンの摂取が必要不可欠なのです。

トリプトファンは体内で合成できない必須アミノ酸なので、摂取不足にならないように食事に気をつけましょう。

セロトニンは栄養摂取だけでは機能しない

しかし、セロトニンは、材料となる栄養素を摂取しただけでは機能しません。
セロトニンの分泌を活発にする運動や行動が必要なのです。

朝日・太陽光を浴びる

セロトニンは体内時計をリセットするはたらきがあるので、朝日を浴びるとセロトニンの分泌が活発になります。

また、昼間に30分程度の日光浴も有効です。適度な紫外線は体内でビタミンDを作り、セロトニンの合成分泌を促進します。

規則正しい生活

早寝早起きの生活習慣をつけると、セロトニンの分泌が活発になります。

リズム運動

ウォーキングや自転車こぎ運動、スクワットななど、一定のリズム感のある運動は、セロトニンの分泌を活発にします。

サプリメントの利用

運動が面倒くさい、生活が不規則、食生活も乱れがちな人には、サプリメントが有効です。

セロトニンサプリには、材料になる栄養素だけでなく、合成分泌をサポートする成分や薬効ハーブなどがバランスよく高濃度で配合されています。
よって、手軽で効率よくセロトニン作用を得ることができるのです。

また、サプリメントには薬のような依存性はないので、長期服用してもやめたい時にやめられるという安心感もあります。
睡眠薬や精神安定剤などの薬は飲みたくないという人にもおすすめです。

おすすめの「セロトニンサプリ」

セロトニンの材料や合成をサポートする成分が配合されている休息系サプリメントを2品ご紹介します。

グッドナイト27000

グッドナイト27000

「グッドナイト27000」は、セロトニンの材料となるトリプトファンや、リラックス効果のあるテアニンとグリシン、特許成分ラクティウムなど、7種の成分が高配合されています。

ラクティウムは、赤ちゃんが母乳を飲んだ後、体内で生成するリラックス成分。母乳を飲んだ赤ちゃんがぐっすりと眠ることができるのはこの成分のおかげです。

「グッドナイト27000」には、ラクティウムがたっぷりと配合されているので、抗ストレスや安眠など、高い休息効果が期待できます。

詳しくはこちら

ネムリス

ネムリス

「ネムリス」は、国内で唯一、睡眠効果が科学的に実証されているサプリメント。
ぐっすりと眠りたい人におすすめです。

深い眠りに必要な「セロトニン」の材料となるトリプトファンやビタミンB6 、ナイアシンを配合。さらに、リラックス効果や入眠作用のあるGABAやグリシン、特許取得の天然ハーブ素材ラフマなど、合計12種類もの自然由来成分がバランス良く配合されています。

効果が科学的に確認されている信頼度の高いサプリなので、睡眠薬や安定剤の服用を減らしたい人にも試してほしいサプリメントです。

詳しくはこちら

このページのトップヘ