日常生活の再確認・プレ更年期「生活改善チェックポイント

日常生活の再確認・プレ更年期「生活改善チェックポイント

プレ更年期の症状を改善予防するためには、生活の見なおしが必要になりますが、実際、何をどのように改善したらよいのか、自分ではわかりにくいものです。

そこで、生活改善を「ストレス」「睡眠」「運動不足」「食生活」の4項目に分けて、簡単なセルフチェックができるようにしました。

チェック項目は、プレ更年期の要因になるものばかりを集めましたので、当てはまる項目は改善しなければなりません。

なぜ、改善が必要なのか、どのように改善したらよいのかなどについては、項目ごとに別ページで解説していますので、併せてご覧いただければと思います。

プレ更年期「ストレス」セルフチェック

プレ更年期「ストレス」セルフチェック

【性格編】
●他人の評価を必要以上に気にする
●他人と自分を比較してコンプレックスを感じる
●嫌なことでも我慢する
●人づきあいが苦手
●負けず嫌い
●執着心が強い
●神経質で、ものごとにこだわる
●几帳面・努力家・まじめな性格
●悩みがあるのに誰にも相談していない

【生活偏】
●趣味がない・ストレス解消法がない
●睡眠時間が短い
●一人で食事をすることが多い
●毎日入浴しない・シャワーで済ませることが多い
●朝起きる時間がバラバラ 生活リズムがない
●ダイエットをしている
●やめられないものがある・依存が強い(タバコ、酒、ギャンブルなど)

以上のチェックは「ストレスを感じやすい人」「ストレス解消・回避がしにくい人」です。性格編と生活編を合わせて5つ以上の項目に当てはまった人は、要注意になります。

ストレスには「良いストレス」もありますが、悪いストレスは、回避・解消しなければなりません。

「プレ更年期 セルフケア ストレス解消」では、具体的なストレス解消法について紹介していますので参考にしてみてください。(ページリンクを貼る)

プレ更年期「睡眠習慣」セルフチェック

●毎日、寝る時間がバラバラ
●寝る直前まで何か食べていることが多い
●歯ぎしり、食いしばりを感じているが何も対策をしていない
●布団ではなく、ソファーなどで寝てしまうことが多い
●寝室が明るい・うるさい (テレビをつけたまま寝るなど)
●寝る直前まで、ゲーム・パソコン・スマートフォンの操作をしている
●布団を干したことがない(万年床など)
●寝るスペースが狭い(寝返りができない)
●休日はダラダラ寝てしまう
●長時間(1時間以上)の昼寝をする
●夕方(15時以降)に昼寝をする
●朝起きてから出かけるまで部屋が薄暗い(カーテンを開けない・電気をつけない)
●眠れないことを気にしている(睡眠薬にたよっている)

3つ以上の項目に当てはまった人は、不眠や眠りの質の低下につながりますので、睡眠習慣の見なおしが必要です。

悪しき睡眠習慣はプレ更年期の要因になりますが、良い睡眠習慣は症状の改善予防につながります。

「プレ更年期 セルフケア 睡眠改善」では、睡眠の重要性や快眠ポイントについて説明していますので改善のヒントにしてください。

プレ更年期「運動不足」セルフチェック

●外出してもあまり歩かない(すぐに乗り物を利用する・デスクワークの仕事など)
●家の中では座り中心の生活(「あれとって」などの他力本願・ワンルーム住まいなど)
●休日は、家でゴロゴロするのが好き(インドア派)
●階段とエスカレーターがあれば、必ずエスカレーターをつかう
●ベンチやイスがあると必ず座る(駅・電車内など)
●靴や靴下を立ったまま履かない(履けない)
●歩く速度が遅いと思う
●「徒歩20分」は歩くのは大変だと思う(とても長距離だと思う)
●面倒くさいので割高でも近所で買い物をする
●スポーツと聞くと「楽しさ」よりも「疲れ・しんどさ」を想像する
●汗をかくことが嫌い

3つ以上の項目に当てはまる人は、運動不足によって、すでに足腰の関節が弱っているかもしれません。

運動不足は、日常の生活習慣でも起こります。生活習慣を見直すだけでも運動不足の解消につながりますから、当てはまる項目については、積極的に改善するようにしましょう。

「プレ更年期 セルフケア 運動不足解消」では、運動の必要性や、運動不足がもたらす影響、40代女性にはおすすめの「骨盤底筋体操」などについて解説しています。

プレ更年期「食生活」セルフチェック

●食事時間が毎日バラバラで不規則
●朝食を食べない・昼食を食べない
●ほぼ毎日、間食・夜食をしている
●食べ方が早い・よく噛んで食べていない(早食い)
●一度にたくさん食べる(ドカ食い)
●外食が多い
●濃い味付けが好き(塩辛いものが好き)
●野菜を食べなくても気にならない(野菜なしメニューでも気にならない)
●好き嫌いが激しい
●「○○抜き」や「バナナダイエット」などの偏食ダイエットをしている
●毎食後に歯を磨いていない

3つ以上の項目に当てはまった人は、栄養バランスだけでなく、食事習慣も見直す必要があります。

「プレ更年期 セルフケア 食生活改善」では、食生活がもたらす影響や改善ポイントの説明と、40代女性が積極的に摂取するべき栄養素と、そのはたらきについて紹介しています。

生活改善セルフチェック まとめ

「ストレス」「睡眠」「運動」「食生活」のセルフチェック結果はいかがでしたか?

当てはまる項目が多ければ多いほど、プレ更年期の症状が起こりやすくなります。また、すでに感じている症状が重篤化する可能性もありますので注意が必要です。

チェック項目のなかには、早急に改善すべき項目もありますので、できるものから始めてみてください。

また、4項目(ストレス・睡眠・運動・食生活)の解説ページ以外でも「入浴療法」や「ハーブ・アロマ療法」など、プレ更年期の予防改善に役立つセルフケア方法を紹介しています。

セルフケアの選択肢はたくさんありますから、長く続けられる自分に合ったケア法を見つけてくださいね。

このページのトップヘ