プレ更年期とは?40代に起こる更年期障害に似た症状について

プレ更年期とは?40代に起こる更年期障害に似た症状について

プレ更年期は「更年期の年代でもないのに更年期に似た症状を感じている人」の総称だとお伝えしましたが、そもそも「更年期の年代でない人」って何歳なのかがわかりませんね。

さて、ここで問題です。
更年期は「期」という漢字を使いますから「特定の期間」のことなのですが、いつからいつのことなのかご存知ですか?

正解は・・・・「閉経をはさんだ前後10年」です。
お恥ずかしながら、私は全く知らなくて「閉経後の数年間」だと思い込んでいました。
意外に私と同じように間違った知識をもっている人って多いのでは??

閉経年齢は人それぞれですが、日本人の平均閉経年齢は50歳だそうです。つまり「45歳~55歳」が日本人の平均的な更年期の年齢になるわけです。

・・・となると、更年期の前の世代が「プレ」ですから、プレ更年期の年齢が45歳以下だということは予想できますけど、相変わらず曖昧な感じですね。

そこで、このサイトでは「閉経を伴わない30代半ば~40代」という設定にしました。
注)もともと定義がないので「若年性更年期障害」や「月経前症候群(PMS)」の10代~20代も「プレ更年期」として含んでいる文献やサイトもあります。

プレ更年期の症状~こんな症状ありませんか?~

プレ更年期の症状~こんな症状ありませんか?~

最近、イライラして、家族や恋人に八つ当たりしたりしていませんか?
逆に、些細なことで落ち込んだり、涙もろくなったな・・・なんて思うことはないですか?私はドラマや映画で突然ボロボロ泣くので、家族がいつもドン引きしています(笑)

体がカーっとのぼせたり、突然に大量の汗が吹き出してくる「ホットフラッシュ」現象や、動悸・息切れ 異常な眠気 肩こり 頭痛 関節痛 頻尿 ドライアイ ・・・

なんとなく「年齢のせいかな?」「もしかしたら更年期かな?」と思える症状こそが、まさに「プレ更年期」の症状なのです。

私もドライアイがきっかけで調べ始めたのですが、とても身近に感じている症状が、まさか「プレ更年期の症状」だったとは知りませんでした。

プレ更年期の原因~犯人は自分だった!?~

結論からお話すると、プレ更年期の不快な症状は「女性ホルモンのバランスの乱れ」「自律神経のバランスの乱れ」で起こります。

「女性ホルモン」「自律神経」・・・名前は知っているけどよくわからない分野ですね。
とにかく今は、概要だけのお話なので「そういうものか」くらいでご理解ください。

それよりも知っていただきたいのが「バランスの乱れ」を引き起こす「本当の原因」、プレ更年期症状の「真犯人」の存在であります。

具体的には、ストレス 無理なダイエット 不規則な生活 食生活の乱れ 肥満 です。

ストレス、不規則な生活、食生活の乱れ・・自分の生活を振り返ると「当てはまりまくり」で、耳が痛い項目ばかりです(苦笑)

では、これらがどのように「ホルモン」や「自律神経」に影響しているのかを「少しだけ」お話します。

プレ更年期のしくみ~女性の体は複雑なのです~

「女性ホルモン」には2種類あります。(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)
それぞれ卵巣から分泌されているホルモンなのですが、卵巣が独自に判断して分泌しているのではなく、脳からの指令で行われています。

「脳の視床下部」が卵巣の状況を判断して「ホルモンを分泌しなさい」と指令をだし、
卵巣が指令を受けて、指示されたホルモンを分泌します。
この2つの女性ホルモンの分泌量の変化が「ホルモンバランス」と呼ばれるものです。

「脳の視床下部」は「女性ホルモン」だけを管理しているのではありません。

胃腸の働き、血液循環、呼吸、睡眠、などは「自律神経」の働きによるものなのですが、この「自律神経」も脳の視床下部によってコントロールされています。

脳からの指令を受けて「交感神経」と「副交感神経」の2つの自律神経が、交互に切り替わることで機能しています。

「脳の視床下部」が「司令塔」となって、女性ホルモンや自律神経を管理しているのは
なんとなくご理解いただけたと思うのですが、ならば、この司令塔にストレスがかかったらどうなると思いますか?

司令塔は、ストレスの襲来に混乱し、体の状況を冷静に判断できなくなり、卵巣や自律神経に「誤った指令」を出すようになります。

女性ホルモンは、卵巣・子宮だけでなく自律神経と同じように全身に関係する分泌物です。
ですからホルモンのバランスが崩れると、生理不順だけでなく、のぼせ、ほてり、だるさなどの更年期障害のような全身症状があらわれてくるのです。

一方、自律神経が乱れると、循環器、消火器、呼吸器などの体への影響だけでなく、不眠を伴い精神的にも大きな影響を与えます。

卵巣と自律神経は、司令塔である脳の視床下部を介して情報を共有しており、互いに影響しあう関係にあります。

ですから、女性ホルモンのバランスが狂うと自律神経に影響を及ぼし、自律神経が乱れると女性ホルモンバランスも狂うのです。

プレ更年期~いまだに定義ができない複雑さ~

プレ更年期~いまだに定義ができない複雑さ~

プレ更年期の原因や改善方法をさがす場合、女性ホルモンと自律神経の両面から調べる必要があり、片方だけ改善しても治らない場合があるという複雑さはご理解いただけたかと思います。

多くの女性たちがプレ更年期の症状を感じているのにいまだに定義すらないのは、ホルモンや自律神経が複雑に影響しており「同じ年代の同じ症状」であっても、人によって原因が全く違うということが理由なのかもしれません。

年齢によっては、卵巣機能の低下も影響していて、いっそう複雑になります。
ただ「真の犯人」は自身の日常生活習慣であったりするので、セルフケアでも早期改善が期待できることもたくさんあるのです。

これがプレ更年期の概要です。なかなか複雑な話なのです。

このサイトでは、これからもっともっと詳しく説明していきます。
「原因や症状が起こるしくみ」「症状別の解説」「治療・セルフケア法」の3部構成になっておりますので、早期改善・予防にお役立てくださいね。

このページのトップヘ