ホルモンコントロールには「ピル(OC)」|プレ更年期の治療

ホルモンコントロールには「ピル(OC)」|プレ更年期の治療

ピルには「経口避妊薬」のイメージがありますが、現在では、月経不順、体調や精神面などのプレ更年期の治療や、お肌の改善など、さまざまな治療で活用されています。

しかし「ピルを飲むと太る」という噂を聞いたことがありますし、お薬ですから、副作用が気になると思います。

そこで、低用量ピル(OC)について詳しく調べてみました。

低用量ピル(OC)とは、どんなお薬?

低用量ピルの「低用量」とは、「女性ホルモンの含有量が少ない」という意味です。

高用量ピル・中用量ピルもありますが、ホルモン含有量が多く、効き目が強いので、不正出血を止めたり、緊急避妊ピル(アフターピル)など、特別な治療目的で使い分けられています。
一般的に避妊や治療目的で処方されているのは低用量ピル(OC)です。

低用量ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが、少量ずつ、バランスよく含まれています。

ピルを飲むことで、女性ホルモンが体内に入るので、脳内ホルモンが「すでにホルモン分泌されている」と勘違いして、排卵を起こす命令を出さなくなるのです。

排卵されていないので、当然、卵子がありませんから、精子が入ってきても妊娠は起こりません。これがピルの避妊効果です。

排卵していない体は、妊娠している時と同じ状態になります。ピルの服用をやめると、脳が妊娠していないことに気づき、また排卵を再開させ、生理が起こります。

ピルを飲むことによって、脳内ホルモンを勘違いさせて、人工的にホルモンコントロールができるようになるのです。

低用量ピルを服用することで、生理周期を整え、一時的に卵巣を休ませることができるので、さまざまな効果が得られます。

低用量ピル(OC)の効果

低用量ピルには避妊効果だけでなく、プレ更年期の改善や美容面にも効果があります。

主な低用量ピル(OC)効果

●女性ホルモンバランスを改善する
●生理が周期的になる(月経周期が28日程度で安定する)
●生理の出血量が減る
●生理痛をやわらげる
●ニキビ・吹き出物が減る
●貧血の改善
●子宮内膜症の改善

その他、プレ更年期の症状の1つである「月経前症候群」(PMS)の改善にとても効果があり、生理前に起こる体調不良やイライラ・落ち込みなどが改善します。

どのような人が低用量ピル(OC)治療を選択すべきなの?

どのような人が低用量ピル(OC)治療を選択すべきなの?

低用量ピルは、ニキビや月経困難症(生理痛など)の治療で10代にも処方されている安全性の高い治療です。しかし、誰でもOKという訳ではありません。

プレ更年期の場合は、どのような人が選択すべき治療なのでしょうか?

女性ホルモンの分泌量が減り始めているが、ホルモン補充治療(HRT)をするほどではなく、何かしらプレ更年期の症状が出ている40歳~45歳(40代前半)に有効です。

もちろん、40歳以下の人でも治療の選択はできますが、その場合は「妊娠・出産予定がない」という条件が加わります。ピルを服用している間は排卵が止まりますから、妊娠を希望する人には向きません。

後に述べますが、低用量ピルは安全性が高いとは言われていますが、軽度の副作用が起こる場合があります。また、条件によっては服用できない人もいますので、ピル治療を選択する場合は、医師とよく相談してください。

低用量ピル(OC)の治療とは?

1日1錠ずつ、同じ時刻で低用量ピルを飲み続けて、女性ホルモンバランスを安定させていく治療です。

低用量ピルは、一般的に28錠タイプと21錠タイプがあります。
28錠タイプは、1日1錠を「21日間」飲み続け、残りの7日間は「プラセボ錠」(薬の入っていない偽薬)を飲むというタイプです。

プラセボ錠は、いわばダミー薬で、薬を毎日飲み続ける習慣を続けながら、7日間の休薬期間を設ける役割をしています。
28錠の場合は、このダミー薬(プラセボ錠)を飲んでいる7日間の間に生理がきます。

21錠タイプは、プラセボ錠がないタイプで、薬を毎日飲み続ける習慣ができている人向きです。その代わり、21錠飲みきった後は、自分で7日間の休薬期間をとらなければなりません。

体内ホルモン量の変化に体が慣れるまで、最低3ヶ月は続ける必要があります。ただし、副作用を感じた場合は、すぐに医師の指示に従ってください。

保険適応

低用量ピルは「月経困難症」(生理痛・月経過多など)の治療で使用する場合は、保険適応となり、問診と血圧測定だけで処方してもらえます。(場合によっては内診が必要な場合あり。)

しかし、保険適応されている低用量ピルは薬価が高く、3割負担になっても、保険適応でないピルとさほど価格は変わりません。

一般的に、ピルの価格は、1ヶ月分で「2~3,000円程度+初診料」になります。

保険適応されていないピルの薬価は、病院や薬局が自由に価格設定できるので値段が違いますが、自由設定なので、割引制度(学生割引など)を設けている病院もあります。

超低用量ピルの登場

保険適応されている低用量ピルは「ルナベルLD」(2008年4月承認取得)と「ヤーズ」(2010年9月承認取得)の2種類だけでしたが、2013年に、より安全性の高い「超低用量ピル」が承認されていますので紹介しておきます。

「ルナベルULD」(2013年6月承認取得)

従来の低用量ピルである「ルナベルLD」の超低用量のバージョンです。(21日間経口投与)
動脈硬化のリスクが低いので、血栓症のリスクが高くなる40歳以上のプレ更年期にはぴったりのお薬です。

「ルナベルLD」を飲んで吐き気や頭痛などの症状が出た人も、このお薬ならばもっと軽いので副作用が出にくくなります。
不正出血に関しては、従来の「ルナベルLD」よりも起こりやすいそうです。
(初めてピルを使用する人は、正しくピルを服用していても、約3割の人が不正出血を経験すると言われています。ホルモンが安定していないために起こる症状です。)

月経困難症・内膜症の場合は保険適用になり、薬価は、1錠327.90円なので1ヶ月分(21錠)の保険適応で約2060円程度です。

低用量ピル(OC)の副作用

低用量ピル(OC)の副作用

低用量ピルは、高用量ピル・中用量ピルに比べて、副作用はとても少ないのですが、全くないという訳ではありません。

一般的に起こる軽度の副作用としては「つわり」に似た症状が起こることがあります。これは、排卵を止めることで、体が、妊娠に似た状態になるために起こるのです。

具体的には、頭痛、吐き気、不正出血、むくみ、胸の張りなどで、ピルの飲み始めに多く、1ヶ月~3ヶ月で慣れると言われています。

症状が辛い場合は、別の種類の薬にかえたり、漢方治療やプラセンタ治療など、他の治療の選択肢もありますので、決して我慢せずに、病院で相談してください。

最大の副作用は血栓症

低用量ピルに限らず、ピル治療の最大の副作用は血栓症です。

ピルを飲むと、血栓症、心筋梗塞の危険があり、太るとも言われていました。しかし、これらは、高用量ピル・中用量ピルしかなかった頃の話です。

低用量ピルの登場で、副作用リスクは大幅に減りました。現在では「超低用量ピル」も登場していますから、血栓症リスクは大幅に低下しています。

血栓症は「まれ」にしか起こらない副作用ですし、医師の指導のもとで服用するお薬なので安心ではあるのですが、あらかじめリスクを知っておくことは大切です。

特に、以下のような条件に当てはまる人は、血栓症リスクが高い人なので注意が必要です。

ピルを服用できない人(血栓症リスクが高い人)

●血栓症を起こしたことがある人
●タバコを吸っている人(1日15本以上だとピルの処方はできません)
●肥満(BMI30以上の人)
●血圧が高い人
●片頭痛がある人
●40歳以上の人

条件によっては、ピルの服用ができませんので、医師の指示に従ってください。

特に40代のプレ更年期の女性は、年齢的に動脈硬化や血栓症になりやすいので注意が必要ですが、血栓症リスクのある人には処方されませんし、医師の指導のもとで、きちんと服用していれば、何も心配はいりません。

低用量ピル(OC)は、プレ更年期にはとても有効な治療法の1つです。

このページのトップヘ