歯周病が糖尿病の発症確率をUPする?プレ更年期の原因と対策

歯周病が糖尿病の発症確率をUPする?プレ更年期の原因と対策

30代も後半になり始めた頃から「お口のトラブル」が増えた気がしませんか?

歯茎(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、たまに口臭も感じることもあります。
特に口臭は嫌なものですね。口臭が気になり始めると、人と会うことも嫌になってしまいますね。

歯周病は、40歳以上の約8割に起こっていると言われています。
なぜ、プレ更年期に歯周病や口臭に悩む人が増えるのでしょうか?

歯周病と虫歯のちがい

はじめに、歯周病と虫歯のちがいについて説明します。

虫歯とは、酸によって歯が溶ける病気です。一方、歯周病は、歯と歯茎の間に歯石(プラーク)がたまり、そこに細菌が繁殖して歯茎が痩せてしまう感染症です。

歯周病菌によって、歯茎の炎症がひどくなると、歯の根を支える歯槽骨などに影響が及び、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病には、虫歯にはない3つの特徴があります。

①歯周病は 初期、中期には全く自覚症状がありません。痛みや腫れなどの症状は、すでに相当症状が進んだ末期状態です。

②歯周病は全身に影響を与えます。虫歯は歯が酸で溶ける状態でとどまりますが、歯周病菌は血液に歯周病菌が侵入することで全身に影響を及ぼします。

③歯周病は一度かかると完治しにくくなります。虫歯の治療のように、虫歯の部分を修復して終了という訳にはいきません。

つまり、歯周病は重篤化する病気ですから、虫歯と同じように考えてはいけないのです。

プレ更年期「歯周病・口臭」の原因

プレ更年期「歯周病・口臭」の原因

プレ更年期の歯周病や口臭は「ドライマウス」になることで起こります。

ドライマウスは「口腔乾燥症」とも呼ばれていますが、何らかの原因で唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥する状態で、唾液による殺菌力が劣るため、歯周病や口臭の原因になるのです。

自律神経

ストレスや緊張を感じると、自律神経の交感神経がはたらき、のどの筋肉が収縮して神経に影響を与えることで、唾液の分泌が抑制されます。

緊張した時は、喉が乾いたり、口がカラカラに乾きますよね?このドライマウス状態が長く続くと、口の中に細菌が繁殖しやすい環境になるのです。

唾液には、食べカスを洗い流す「自浄作用」や、殺菌作用により細菌の増加を防ぐ「抗菌作用」があります。唾液が減ることで、口の中の菌が繁殖しやすくなり、歯周病や口臭の原因になるのです。

また、自律神経が乱れると、血行障害が起こり、不眠や体の冷えが起こり、免疫力が低下します。プレ更年期の40代は「加齢による免疫力の低下」も起きていますので、より一層、歯周病になりやすいのです。

女性ホルモン

女性ホルモンバランスの変化によって、歯周病が急激に悪化する場合があります。

・ホルモン分泌が活発な場合
妊娠、出産の時は、女性ホルモンの分泌が活発です。血液循環がよくなり、体全体が刺激に敏感になることで、歯肉炎が起こりやすくなります。

歯周病菌のなかには、女性ホルモンの増加で増えてしまう菌がいることで、急激に歯肉炎が悪化し、歯茎から出血しやすくなりなります。出血した歯茎から歯周病菌が血管内に入ることで、早産や低体重児のリスクが高くなります。

・ホルモン分泌が減少した場合
45歳を超えると、卵巣機能のはたらきが低下し、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少します。

エストロゲンは体内の「潤い」や「骨密度」に関係しているホルモンです。エストロゲンの減少により、唾液の量が減少します。また、あごの骨密度が低下し、歯を支える組織が弱ることでも歯周病になりやすいのです。

食生活

食べ物を食べると、口の中が汚れるイメージがありますが、実は、食べ物を食べたほうが口の中は綺麗になります。

唾液は、歯の表面や歯に付着した食べ物のカスを洗い流し、口内を抗菌する「自然のマウスウォッシュ」なのです。

しかし、ファストフードなど、あまり噛まなくてよい柔らかい食べ物は、唾液が十分に分泌されず、逆に菌が繁殖しやすくなります。また、食物繊維は噛んでいる時に、歯の表面の汚れをこすり落とすはたらきがありますが、ファストフード系の食事にはあまり含まれていませんから、余計に口の中が汚れてしまうのです。

また、ビタミン不足は「免疫力の低下」になり、カルシウム不足は「骨密度が下がる」ことで歯周病になりやすく口臭の原因にもなります。

歯周病や口臭の予防には「よく噛んで唾液を大量分泌させる食べ物」「食べカスが残りにくい食べ物」「栄養のバランス」が大切なのです。

また、食べ物の種類だけでなく、ゆっくりよく噛んで食事をする、おしゃべりをする、気分をリラックスさせるなどの食事スタイルの工夫も、唾液の分泌には効果があります。

口呼吸・いびき・歯ぎしり

習慣的に「口呼吸」をしている人、睡眠中に「いびき」をかく人は、口を開けている時間が長いので、ドライマウスになりやすく、口の中に細菌も侵入・繁殖しやすくなります。

特に、日常のストレス・緊張による、就寝時のいびき・歯ぎしりは、交感神経のはたらきで、唾液の分泌自体が少なくなっていますので注意が必要です。

また、歯ぎしりは、歯茎に強い力がかかるので、歯周病ですでに炎症が起こっていた場合、より炎症が強くなり、歯の根を支える歯槽骨が破壊され、歯を失うリスクが高くなります。

「歯周病・口臭」で気をつけるべき他の病気

歯周病で気をつけたい他の病気は、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、肺炎、低体重児出産などですが、特に糖尿病は歯周病があると発症する確率が高くなると言われています。

口臭の場合は、腎不全、咽頭がん、胃潰瘍、シェーグレン症候群などがあります。

「歯周病・口臭」を改善する栄養素

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はエネルギー生成に関わる物質で、唾液分泌細胞を活性化させて唾液分泌を促進するはたらきがあり、ドライマウスの改善に有効な成分です。

コエンザイムQ10を多く含む食材:
イワシ サバ 牛肉 豚肉 ブロッコリー 大豆 ピーナッツ

乳酸菌

LS1、アシドフィルス菌、フェーカリス菌、ビフィズス菌といった乳酸菌は歯周病を殺菌する効果があり、歯周病や口臭の予防改善になります。

乳酸菌を多く含む食材:
ヨーグルト チーズ 味噌 キムチ ぬか漬け

カテキン

カテキンも乳酸菌同様に、歯周病菌や虫歯菌の殺菌作用があります。
また、抗炎症作用もありますから、歯周病予防のはたらきもします。

カテキンを多く含む食材:
緑茶 煎茶 番茶 ほうじ茶

「歯周病・口臭」の症状をサプリメントで改善

コエンザイムQ10が摂取できるサプリ

贅沢CoQ10

贅沢CoQ10

「贅沢CoQ10」は1日2粒で、100㎎の還元型コエンザイムQ10が摂取できます。
還元型コエンザイムQ10は、唾液分泌細胞を活性化させるはたらきがあり、ドライマウスの改善に有効な成分。

また、贅沢CoQ10にはコエンザイムQ10のはたらきを高める「クリルオイル」も配合されています。クリルオイルには抗酸化作用があるので、コエンザイムQ10 の酸化を防ぎ、活性効率が高い状態で細胞に届ける手助けをします。

その他にも栄養豊富な「ローヤルゼリー」や希少価値の高い高麗人蔘「紅蔘(こうじん)」が配合されているので、健康だけでなく美容効果も期待できる贅沢なサプリです。

詳しくはこちら

このページのトップヘ