プレ更年期の症状を引き起こす!女性ホルモンの働きとは?

プレ更年期の症状を引き起こす!女性ホルモンの働きとは?

女性ホルモン・・・お恥ずかしながら、私はこれまで「女性ホルモン」とは「生理や妊娠に関わるホルモン」という知識くらいしかありませんでした。

実際は「女性の心身」に関わっていて、女性ならば誰しもが気になる「美容」にも大きく関係しているホルモンです。

そこで、今回は、美容のお話しも含めつつ「女性ホルモン」についてお話しします。

プレ更年期~女性ホルモンの基礎知識~

他のページでもお話ししているのですが、まずは女性ホルモンの基礎知識から説明します。

女性ホルモンは「エストロゲン」(卵胞ホルモン)「プロゲステロン」(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあります。

この2つのホルモンは卵巣が独自に分泌しているのではなく、脳の視床下部が管理しており、脳下垂体を通じて卵巣に分泌指令を出しています。

「エストロゲン」(卵胞ホルモン)を分泌させたいときは「卵胞刺激ホルモン」(FSH)、「プロゲステロン」(黄体ホルモン)を分泌させたいときは「黄体化ホルモン」(LH)が脳下垂体から分泌されます。

卵巣は脳下垂体が分泌したホルモンの種類にあわせて女性ホルモンを分泌するのです。

女性ホルモンを分泌させるために、命令ホルモンが分泌される・・・女性の体内はホルモンが行き交って機能しているのですね。

それでは、2つの女性ホルモンのはたらきについてお話していきます。

プレ更年期~エストロゲン(卵胞ホルモン)とは~

プレ更年期~エストロゲン(卵胞ホルモン)とは~

「エストロゲン」(卵胞ホルモン)は、生理後2週間に多く分泌される女性ホルモンです。
妊娠に備えて子宮や卵巣の働きを高める「妊娠の準備」だけでなく、妊娠・出産・子育ての大変さに耐えられるように「心と体」のサポートもしています。

●エストロゲン(卵胞ホルモン)の主なはたらき●

(からだ)女性らしい丸みをおびた体つきをつくる
(子宮)妊娠に備えて子宮内膜を厚くする
(脳)脳細胞を活性化させる 記憶力をよくする
(精神)感情をコントロール(情緒を安定させる)
(皮膚・髪)肌や髪の潤いとハリを保つ
(骨)カルシウムが骨から流出するのを抑える(骨量減少の抑制)
(血管)血液中のコレステロールの増加を抑える
(心臓)血圧をコントロール

「女性らしい丸みをおびた体つき」「肌や髪の潤いとハリ」からしてわかるように、エストロゲンは、女性の美しさを守るはたらきがあることから「美のホルモン」とも呼ばれています。

エストロゲンの美容効果は「ニューハーフ」の方の「女性ホルモン効果」を見ればよくわかりますね。本当は男性なのに、女性でも羨ましくなるような「丸みをおびたボディーライン」をしています。

女性らしくなるために、エストロゲン成分の「女性ホルモン剤」を、注射や経口薬で摂取しているのです。(ホルモン治療をしていない方もいます)

昔、ニューハーフのお店に行ったことがあるのですが、見とれるくらい「美しい女性」ばかりでした。(1人くらいはお笑い系の方もいますが・・・笑)
あまりにも美しい方ばかりなので、女性である自分のほうがコンプレックスを感じて帰ってきたのを思い出します(涙)

さて・・話を戻しまして、もう1つの女性ホルモンのお話しをします。

プレ更年期~プロゲステロン(黄体ホルモン)とは~

「プロゲステロン」(黄体ホルモン)は生理前2週間に増加する女性ホルモンで「妊娠を継続させる」ためのホルモンです。

●プロゲステロン(黄体ホルモン)の主なはたらき●

(からだ)乳腺を発達させる 体温を上げる
(子宮)子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすい環境を整える
(血管)血管を拡張させ、骨盤内に血液をためる
(代謝)皮下脂肪や水分を体内にためる メラニンの生成を活発にする
(食欲)食欲の増進

美容界では、エストロゲンが「美のホルモン」と言われているのに対して、プロゲステロンは「ブスホルモン」と呼ばれています。

プロゲステロンは体温を上げ、子宮内膜を厚くし、骨盤内に血液をためこんで「ふかふかなベッド」で受精卵が着床しやすい環境をつくるのですが、この状態は「美容」には大敵なのです。

皮下脂肪や水分を体にためこみ、体温が上昇するので、ほてり、むくみ、便秘になりやすくなります。また、皮脂分泌・メラニンの生成もさかんなので、ニキビやシミもできやすく、痩せにくい時期でもあるので「ブスホルモン」と呼ばれているのです。

プレ更年期~ホルモンバランスの重要性~

プレ更年期~ホルモンバランスの重要性~

「プロゲステロン」は女性をブスにさせるだけで、妊娠を望まない人には「不要なホルモン」とも思えますよね。エストロゲンだけあれば、「美」は維持できる気がしませんか?

いえいえ、現実は違うのです。「美のホルモン」と言われるエストロゲンですが、エストロゲンが多すぎても弊害がでてくるのです。

プレ更年期の方の「ホルモンバランスの乱れ」の1つに、「生理はあるのに排卵がない」(無排卵月経)というケースがあります。

少々難しい話になりますが、プロゲステロン(黄体ホルモン)は、「排卵後の卵胞が黄体になった状態」から分泌されているホルモンなので「排卵」がないと、プロゲステロンは十分に作られないのです。

すでに更年期の知識をお持ちの方は「ホルモンバランス」というと、「エストロゲンの減少」を思い浮かべがちなのですが、実は、プレ更年期の場合、この「プロゲステロン」(黄体ホルモン)の減少によって「エストロゲンが過剰」になってしまう「ホルモンバランスの乱れ」が不快な症状を起こしている原因の1つだと言われています。

「ブスホルモン」と呼ばれて、美容の敵なような扱いをされている「プロゲステロン」(卵胞ホルモン)ですが、「エストロゲンの過剰状態の抑制」という重要なはたらきがあるのです。

また、「乳がんの抑制効果」も実証されており、女性には、とても必要なホルモンなのです。

「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンは、どちらが過剰になってもいけないし、両方過剰すぎるのもいけない・・・つまり「分泌バランス」が大切なのです。

このページのトップヘ