プレ更年期の症状を引き起こす!自律神経の働きとは?

プレ更年期の症状を引き起こす!自律神経の働きとは?

私が「プレ更年期」について調べるきっかけになったのは、目の痛みで診察を受けたときに「自律神経の失調が原因で、涙の油分不足している」と診断されたことでした。

「そもそも自律神経とはなんぞや?」という疑問から調べ始めて「プレ更年期」の存在を知ったのです。

結論から言うならば、プレ更年期症状の多くは「自律神経の影響」によるものです。

「自律神経」と言われると、とても難しい感じがしますが心配いりません。
「日常生活そのもの」の話なのでとても理解しやすいです。

プレ更年期にはとても大事なページなので、さっそく本題に入りましょう。

プレ更年期 ~自律神経の基礎知識~

「プレ更年期の原因としくみ」の「自律神経の乱れとは?」でも説明しているのですが、自律神経とは、胃腸の働きや心拍数など「内臓器の活動」や、体温、血圧など「体内環境」を24時間コントロールしている神経です。自分の意思とは関係なく機能しています。

寝ている無意識状態でも、心臓や呼吸が止まらないのは自律神経の働きよるものです。

「交感神経」「副交感神経」という2つの自律神経が「交互に切り替わる」ことで機能していて、この切り替えは脳の「視床下部」が判断しています。

自律神経の特徴は「交感神経」と「副交感神経」がそれぞれ「真逆の働き」をしているということです。

交感神経は「活動のための神経」、副交感神経は「休息のための神経」で、2つの真逆の自律神経が切り替わることで「活動と休息」を繰り返しながら人間は生きているのです。

それでは「交感神経」と「副交感神経」のはたらきについてお話ししていきます。

プレ更年期 ~交感神経のはたらきとは?~

プレ更年期 ~交感神経のはたらきとは?~

交感神経は主に昼間に働いている「活動するための神経」(エネルギー消費型)です。
「活動や運動をしている時」「緊張やストレスを感じている時」に働いています。

緊張で心臓がドキドキしたり、ショックで顔面蒼白になるのは交感神経の働きによるものです。

緊張やショックという「ストレス」で、交感神経が強く働き、血管や筋肉がギュッと緊張したことで血流が悪くなった状態なのです。

心臓のドキドキは、血流の悪さを改善しようと「心臓が大きく拍動」しているからです。
また、顔面蒼白の場合は、あまりにも強いショック(ストレス)だったために、筋肉や血管の緊張が強すぎて「顔に血液が全く流れていない状態」なのです。

このように、ストレスの度合いによっても体の反応がちがってきます。

いかがですか?少しは交感神経のイメージができたでしょうか?
「どうしてそうなったのか」を知ると「なるほどねぇ・・」と納得できるようになります。

交感神経の「基本的な働き」は、朝、目が覚めて目に光を感じると交感神経が活動しはじめ、呼吸、心拍数、血圧をあげることで体温を上昇させます。

体温を上げることで、心身は「興奮状態」になり、睡眠モードから「活動モード」に切り替えているのです。

交感神経ポイントは「緊張やストレスを感じている時に働く」「活動するための神経」です。

プレ更年期は「ストレスや生活習慣が原因の『自律神経の乱れ』によって起こる症状」ですが、ストレス状態の時に働いているのは「交感神経」です。

つまり、プレ更年期の症状の多くは「交感神経が過剰に働いている」ことが原因なのです。

プレ更年期~副交感神経のはたらきとは?~

プレ更年期~副交感神経のはたらきとは?~

副交感神経は「交感神経と真逆の働き」をしている「休息する神経」(エネルギーの保存・回復型)です。「リラックスしている時」「夜眠っている時」に働いています。

交感神経のところで「朝、目が覚めると交感神経が活動しはじめ、呼吸、心拍数、血圧、体温が上がる活動モード」とお話ししましたが、副交感神経は「真逆の働き」をします。

夜の睡眠時には、副交感神経の働きで呼吸、心拍数、血圧が下がり、体温も下がります。
交感神経の作用で「活動モード」になった心身の興奮を、副交感神経の働きで「鎮静・休息・回復」しているのです。

では、ここで理解を深めるためにクイズを出します。

食事をして「食べ物を消化する」という「胃腸の働き」は、交感神経、副交感神経のどちらがコントロールしていると思いますか?

正解は、副交感神経の働きです。 

「食べ物を消化する」ということは「胃腸の働きが活発」ですから、交感神経のイメージがありますが、実は、胃、小腸、大腸などの消化器系は「副交感神経」が動かしています。

食事をすると心身が落ち着いてリラックスした気分になりませんか?眠気すら感じることもありますね。
食後の「リラックス感」や「軽い眠気」は副交感神経が働いている証拠なのです。

副交感神経は「休息する神経」(エネルギーの保存・回復型)だと先に述べました。
気持ちはゆったりしていても、体内では胃液や唾液が盛んに分泌され、胃腸は活発状態・・・これは副交感神経による「エネルギー回復活動」なのです。

副交感神経は「リラックスした時に働く」「休息する神経」(エネルギーの保存・回復型)であることがポイントになります。

食事もリラックスして食べないと副交感神経が働かず、胃液の分泌や胃腸の働きが鈍くなり「消化不良」を起こしてしまうのです。

プレ更年期~交感神経と副交感神経のバランス~

ここで「交感神経のポイント」のことを思い出して欲しいです。
交感神経は「緊張やストレスを感じている時に働く」「活動するための神経」です。

つまり、ストレス状態の時は「交感神経」が働いているので「副交感神経」が働けず、心身が「鎮静・休息・回復」できていないのです。

先ほど、食事の例をあげて「消化不良になる」とお話ししましたが、これが食事のような「何分」の話ではなく、「ストレス」「生活習慣」というような「何日」「何ヶ月」という単位になると、どんなことが起こるのか想像できますか?

交感神経が過剰で心身の緊張状態が昼夜問わず続きます。
筋肉や血管が緊張したままなので血流が悪くなり「疲労感・倦怠感・不眠・冷え・イライラ・落ち込み」などの症状が起こってくるのです。

これがプレ更年期に多く見られるパターンの1つです。

交感神経の過剰による「血流の悪さ」の話をしましたが、副交感神経が過剰すぎても血流は悪くなります。身近な例で言えば「運動不足」です。

運動していないので交感神経が働く機会が少なく、筋肉や血管が「ゆるみっぱなし」なので血流が悪くなるのです。

この場合、軽い運動で交感神経を作動させて、筋肉や血管を「ほどよく緊張させること」が効果的になることはご理解いただけると思います。

このように、自律神経は、交感神経の「緊張」と副交感神経の「休息」この交互に切り替わるバランスが大事なのです。

プレ更年期~自律神経のはたらき まとめ~

「自律神経のはたらき」についてお話ししましたが、ご理解いただけたでしょうか?

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の切り替わりの「バランス」が大切です。
どちらか一方が過剰になっても「プレ更年期の原因」になってしまうからです。

プレ更年期の場合、ストレスが原因で「交感神経が過剰」になり、その状態が続くことで起こる症状がとても多いです。

ストレスを取り除くことは難しいですが、軽い症状のうちに改善することが大切です。

このページのトップヘ