プレ更年期改善におすすめのイソフラボンサプリの効果とは?

大豆には良質なたんぱく質が含まれています。画像は大豆の集合している様子。

大豆は植物でありながら、肉や魚に匹敵する良質なタンパク質を含んでおり「畑の肉」と呼ばれるほど栄養豊富な食材です。

さらに大豆には、脳を活性化する「大豆レシチン」、肥満の予防改善に役立つ「大豆サポニン」など、様々な生理活性を持つ大豆特有の成分も含んでいます。

そのなかでも、「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンに似たはたらきをすることから女性の健康に役立つ成分として注目されているのです。

そこで、40代のプレ更年期にとても有効な「大豆イソフラボン」について詳しくご紹介します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

大豆イソフラボンの基礎知識

イソフラボンは、大豆胚芽に多く含まれるフラボノイド(ポリフェノール)の一種です。
緑茶に含まれる「カテキン」やブルーベリーに含まれる「アントシアニン」と同じ仲間で、強い抗酸化作用があります。

さらにイソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と化学構造が似ているため、人間の体内ではエストロゲンに似たはたらきもします。

そのため、イソフラボンは「植物性エストロゲン」(フィト・エストロゲン)とも呼ばれているのです。

では、イソフラボンは女性の体内でどのようにはたらくのでしょうか?

女性ホルモンの過不足調整

イソフラボンは、女性の体内でエストロゲンに変化するのではなく、エストロゲン量を調整するはたらきをします。

抗エストロゲン作用

エストロゲン値が高すぎるプレ更年期の女性には、イソフラボンはエストロゲンを抑制。

エストロゲン様作用

エストロゲンが不足・欠乏している閉経前後の女性には、強いエストロゲン作用を発揮。

このようにイソフラボンは、相反する作用をしながらエストロゲンの過不足を調整しています。

よって、ホルモンバランスの乱れで起こる40代のプレ更年期の症状の予防や、ホルモンが欠乏して起こる50代の更年期障害の緩和に、イソフラボンはとても有効なのです。

それでは、大豆イソフラボンの効果・効能についてご紹介します。

イソフラボンの主なはたらきと予防改善作用

イソフラボンの「抗酸化作用」「エストロゲン様作用」「抗エストロゲン作用」によって予防改善が期待できる症状をまとめました。

プレ更年期の症状予防・更年期障害の緩和

イソフラボンはエストロゲンのような働きをするため、エストロゲン不足のの諸症状を緩和します。

イソフラボンはエストロゲンの過不足を調整して、PMS(月経前症候群)などのプレ更年期の症状予防や、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)などの更年期障害を緩和します。

イソフラボンのはたらきによりホルモンバランスが整うと、自律神経の乱れや血流も改善するので、様々な症状の予防改善効果が期待できます。

ホルモンバランスの改善で緩和する主な症状

のぼせ、ほてり、冷え、動悸、肩こり、むくみ、イライラ、落ち込み、倦怠感、不眠、物忘れ・記憶力低下、月経不順、肌の乾燥など

骨粗そう症予防

イソフラボンはエストロゲンの不足を補い骨量の減少も予防します。

エストロゲンが不足すると、骨からカルシウムが流出しやすくなり骨量が激減します。
イソフラボンがエストロゲンとしてはたらくことで、カルシウム流出を防いで骨粗そう症を予防します。

生活習慣病(高血圧、高コレステロール、動脈硬化)の予防

イソフラボンは血圧の上昇を抑えて、血中コレステロール値を下げることが臨床研究で明らかにされています。

さらにイソフラボンには強い抗酸化作用もあるので、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール(LDL)を減少させるはたらきもあります。

よって、イソフラボンは、高血圧、コレステロールの抑制、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的です。

このように、大豆イソフラボンには様々な生理活性があります。
しかし、大豆イソフラボンは効果的な反面、過剰摂取すると、ホルモンバランスが崩れて月経不順などの副作用を招く恐れがあります。

そこで、イソフラボンの摂取に関連する「イソフラボンの種類や吸収率」、「摂取の上限量」についてご紹介します。

イソフラボンの種類と吸収量の違い

大豆イソフラボンには2つの種類があります。
それぞれのイソフラボンの特徴と注意点をご紹介します。

グリコシド型イソフラボン(配糖体)とアグリコン型イソフラボン(非配糖体)

グリコシド型イソフラボン(配糖体)

豆腐や豆乳などの一般的な大豆食品の多くは「グリコシド型イソフラボン」です。
イソフラボン分子が糖と結合しており、分子が大きくてそのまま体内吸収できません。

グリコシド型イソフラボンの消化・吸収には、腸内細菌による糖を切り離す作業が必要です。そのため、消化・吸収スピードが遅く、吸収率も悪いです。
しかし、過剰摂取による副作用が起こりにくいというメリットもあります。

<注意ポイント>
腸内細菌の種類や活性能力には個人差があるため、イソフラボンの吸収率や活性効率に差があります。

アグリコン型イソフラボン(非配糖体)

「アグリコン型イソフラボン」は、味噌・醤油などの大豆発酵食品に多く含まれていて、発酵過程で糖と切り離されています。ですから腸内細菌に吸収量が左右されることはありません。

そのため、アグリコン型には「吸収が早い」「吸収量が多い」「吸収に個人差がない」という3つの特徴があります。

このように、イソフラボンには種類があり「糖の結合の有無」で吸収率が全く違います。
では、イソフラボンの摂取過剰を防ぐには、どのくらいの量まで摂取可能なのでしょうか?

大豆イソフラボンの摂取目安量

内閣府食品安全委員会でイソフラボンの摂取目安量の上限が設定されています。

大豆イソフラボンの摂取目安量の上限は「1日75㎎」。
食事以外でサプリメントなどから追加摂取する量の上限は「30㎎」。
(イソフラボン数値はアグリコン換算)

では、大豆食品にはどのくらいのイソフラボンが含まれているのでしょうか?

食品に含まれる大豆イソフラボンの目安量

一日にちょうど良い大豆の摂取量は豆腐にすると一丁

食品に含まれる大豆イソフラボンの目安量です。(イソフラボン数値はアグリコン換算)

  • 豆腐1丁(300g)約60㎎
  • 豆乳1パック(200ml)約50㎎
  • 厚揚げ1/2枚 約40㎎
  • 納豆1パック(45g)約35㎎
  • 味噌大さじ1杯(18g)約8㎎

上記のイソフラボン量はあくまで参考数値です。(商品によって含有量が違います。)

しかし、食品からイソフラボンを摂取する場合は、過剰摂取に神経質になる必要はありません。

なぜなら、大豆食品のほとんどは糖と結びついた「グリコシド型」なので、吸収スピードが遅く、吸収率も悪いので過剰摂取になりにくいのです。

食品安全委員会が注意喚起しているのは、特定保健用食品(トクホ)やサプリメントからの摂取量です。

国産のサプリメントは基準値を考慮して配合されているので安心ですが、外国性のサプリメントを摂取する場合はイソフラボンの配合量に注意しましょう。

それでも心配だという人のために、プレ更年期の女性が安心して摂取できるサプリメントの選び方をご紹介します。

プレ更年期のイソフラボンサプリの選び方

プレ更年期のイソフラボンサプリの選び方

サプリメントに配合されているイソフラボンには「グリコシド型」と「アグリコン型」があるので、自分に合った成分を選ぶと安心です。

グリコシド型(配糖体)サプリが向いている人

食品から摂取した時と同じ方法で成分が吸収されるので、急激に血中イソフラボン濃度が上昇することがないので安心です。

  • 加齢によるホルモン減少の影響が少ない人
  • 症状の改善目的ではなく食事の栄養補助として摂取したい人
  • プレ更年期や更年期障害の予防目的で摂取したい人

このような人は、低吸収型のグリコシド型イソフラボンをおすすめします。

アグリコン型(非配糖体)サプリが向いている人

アグリコン型はすでに糖から切り離された状態なので、非常にイソフラボン吸収力が高く、エストロゲン様活性効果も期待できます。

  • グリコシド型サプリでは物足りなかった人
  • 腸内環境が悪く、腸内細菌の活性能力が低い人
  • 加齢によるホルモン減少の影響でプレ更年期の症状がある人

このような人には吸収力・活性効率の高いアグリコン型サプリメントをおすすめします。

大豆アレルギーのある人には向きません。

サプリメントの原料は大豆由来成分なので、大豆アレルギーの人にはイソフラボンサプリは種類を問わずおすすめすることはできません。

また、大豆アレルギーがない人でも女性ホルモンに作用するため、違和感があればすぐに服用を中止して専門家に相談しましょう。

おすすめの「イソフラボンサプリ」

体内吸収率が高い「アグリコン型(非配糖体)」のイソフラボンを配合しているサプリを2品ご紹介します。

からだ想い 基本のサプリ

からだ想い 基本のサプリ

「基本のサプリ」は、体調が変化しやすい40代~50代の女性の健康維持を考えて作られたサプリメントです。

吸収力の高い「アグリコン型イソフラボン」や高濃度の「ブドウ種子ポリフェノール」が配合されています。さらに、カルシウムの吸収を促進する「ビタミンD3」や造血や細胞の代謝を促進する「葉酸」も配合。

4つの成分の相乗効果により、ホルモンバランスや自律神経の乱れによるプレ更年期の症状予防や更年期障害の緩和に効果的。

さらに、骨粗そう症や貧血の予防、肌の若返りなどの美容効果も期待できるので、加齢が気になる40代女性におすすめです。

詳しくはこちら

イソラコン

イソラコン

「イソラコン」は、厳選素材から作られた高品質のイソフラボンのみを配合しているシンプルなサプリメントです。

イソフラボンの原料に使用されているのは「大豆の胚芽部分」のみ。
大豆の胚芽部分には、イソフラボンの中でもエストロゲン様作用や抗酸化力が高い成分が多く含まれています。

そのため、加齢による女性ホルモンの不足を補い、強力な抗酸化作用による動脈硬化や高血圧など、生活習慣病の予防にも有効です。

医療機関でも利用されているイソフラボン製造メーカーのサプリメントなので、品質に安心感があります。

詳しくはこちら

このページのトップヘ