40代のイライラには理由があった!プレ更年期の原因と対策

28-001

つまらないことで怒鳴ってしまう、些細なことでムカついてしまう・・・。
このように、生理前になると怒りっぽくなることはありませんか?

また、年齢を重ねるにつれてイライラや落ち込みなど、感情の起伏の激しさを実感している人も多いと思います。

とくに40代女性のなかには、イライラや怒りの気持ちを自分では制御できずに悩んでいる人もいるかもしれません。

では、なぜ女性は40代になると、イライラしたり、怒りっぽくなるのでしょうか?

そこでこのページでは、40代の女性のからだに起こる変化とイライラの関係性について詳しくご紹介します。

40代女性に起こるからだの変化とイライラの原因

女性は30代の後半から、加齢による卵巣の機能低下が起こり、閉経の準備を開始するため、からだに大きな変化があります。

その症状は人によって違いますが、最も多いのは「生理周期の乱れ」です。
これまで規則正しかった生理周期が乱れはじめ、経血量が増えたり減ったりしはじめます。

また、頭痛やほてり、めまい、むくみ、動悸、不眠など、更年期に似た症状を感じることも多くなり、精神的にも不安定になりやすくなるため、イライラする機会も増えるのです。

この40代女性のからだの変化に伴うイライラは、主に3つの原因で起こります。

  • 1、女性ホルモンバランスの乱れ
  • 2、女性ホルモンの分泌量の減少
  • 3、女性ホルモンの影響による自律神経の乱れ

このように40代女性のイライラは、女性ホルモンが影響して起こるのです。

では、女性ホルモンとイライラなどの精神状態にはどのような関係があるのでしょうか?

女性ホルモンと精神バランスの関連性

女性ホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2種類あります。

そして、この2つのホルモンが卵巣により交互に分泌調整されることで、規則正しい生理周期が保たれています。

しかし、2つの女性ホルモンには、生理周期を維持するだけでなく、女性が妊娠しやすくなるように、心とからだの調整を行う役割もあるのです。

そこで、生理周期と精神状態との関連性を、よりわかりやすく説明します。

生理周期による精神状態の変化

女性が妊娠するためには、子宮の状態を整えるだけでなく、気持ちを落ち着かせて精神を安定させる必要もあります。

そのため、女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、子宮や卵管だけでなく、脳内でも、女性の気持ちを落ち着かせる「気分調整」のはたらきがあるのです。

しかし、卵巣から分泌されるエストロゲンは、生理周期に応じて分泌量が増減します。

その結果、エストロゲンの分泌量が大きく変動する時期は、脳内での「気分調整」が不安定になり「気分の浮き沈み」が激しくなります。

ですから、生理のある女性であれば、年齢を問わず生理周期に応じて、多少イライラするのは自然なことなのです。

生理周期と精神状態との関連性引用元:生理前のイライラするときに知っておきたいこと

そこで「生理周期と精神状態との関連性」をもっと知りたい人のために、少し婦人科的に解説します。

生理周期のうち、生理の終わり頃から排卵までの「卵胞期」になると、卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)が大量に分泌されます。

このエストロゲンの分泌が増える卵胞期は「妊娠のための準備期間」。

卵胞期は、エストロゲンが卵巣内で卵子の元となる「卵胞」を成熟させて、排卵や授精に備えます。
また、エストロゲンは脳内にも作用して、感情や気分を調整する脳内ホルモン「セロトニン」の分泌も促進させているのです。

脳内ホルモン「セロトニン」は、脳に多幸感や安心感を与える神経伝達物質で、別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。

エストロゲンが脳内ホルモン「セロトニン」の分泌を促進させると、女性は幸せを感じやすくなります。すると、気分や感情が落ち着くため、精神的にも妊娠しやすい環境を用意することができるのです。

ところが排卵期に突入すると、卵巣はエストロゲンの分泌を減少させ、その代わりに子宮内膜を厚くするプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を増やします。

すると、エストロゲン作用で安定していた精神バランスが急に不安定になることで、イライラや気分の落ち込みを感じやすくなるのです。

プレ更年期とイライラとの関係性

そして、女性のからだは30代後半になると、加齢による卵巣機能の低下が起こり、女性ホルモンバランスが乱れがちです。そのため、エストロゲンの分泌量も不安定になります。

さらに40代になると、本格的な卵巣機能の衰えが始まり、エストロゲンの分泌量が年齢とともに減少します。
40代になると、本格的な卵巣機能の衰えが始まり、エストロゲンの分泌量が年齢とともに減少します。

したがって、閉経前の「プレ更年期」と呼ばれる30代後半~40代になると、女性は感情の起伏が激しくなりやすくなり、イライラする機会も増えてしまうのです。

そこで、プレ更年期に起こるイライラの3つの原因「女性ホルモンバランスの乱れ」、「女性ホルモンの分泌量の減少」、「自律神経の乱れ」について、さらに詳しく説明します。

プレ更年期初期:加齢によるホルモンバランスの乱れで起こるイライラ

女性は38歳を過ぎたころから、加齢の影響により生理周期が乱れやすくなることで、イライラしやすくなります。

先に詳しくご紹介していますが、生理周期と女性の精神状態には関連があり、女性ホルモンのエストロゲンには女性の気分を調整するはたらきがあります。

ところが30代後半から、加齢の影響により、細胞や臓器の新陳代謝機能の低下が始まり、卵巣のはたらきも低下するのです。

そして加齢による卵巣機能の低下が起こると、女性ホルモンの分泌バランスが乱れがちになり、生理周期の規則性も崩れます。

ですから、女性は30代後半から、生理不順が起こりやすくなり、イライラしたり怒りっぽくなるのです。

このように、プレ更年期女性のホルモンバランスの乱れによるイライラは、女性のからだが閉経への準備過程で起こる自然現象でもあります。

しかし、加齢による女性ホルモンバランスの乱れは、セルフケアで予防改善することもできます。

生活習慣や食生活、睡眠などの見直しを行い、なるべく生理周期を乱さないように心がけることが大切です。

また、忙しくて生活習慣をなかなか改善できない人には、サプリメントの活用をおすすめします。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こるイライラ改善に効果的なサプリメント

からだ想い 基本のサプリ

からだ想い 基本のサプリ

「からだ想い 基本のサプリ」は、40代女性のホルモンバランスや健康維持を考えて作られたサプリです。

このサプリには、女性ホルモンのバランスを整えるはたらきがある「大豆イソフラボン」や更年期症状の改善に有効な「ぶどう種子ポリフェノール」が配合されています。

とくに主成分の大豆イソフラボンは、吸収率の高い「アグリコン型イソフラボン」を配合しているので、ホルモンバランスの乱れや加齢によるホルモン減少がある人に効果的です。

また、ぶどう種子ポリフェノールに含まれる「プロアントシアニジン」は、高い抗酸化作用で知られていますが、精神安定や不眠の改善にも高い効果が確認されています。

ですから、プレ更年期のイライラや気分の落ち込み、不眠、疲労感、むくみなどの症状で悩んでいる40代女性におすすめのサプリです。

詳しくはこちら

プレ更年期後期:女性ホルモン分泌量の減少で起こるイライラ

個人差はありますが、女性は45歳前後で、本格的な卵巣機能の低下がはじまります。

すると、卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減少するため、さらに精神状態が不安定になりやすくなるのです。

先にご紹介した、30代後半から起こる「ホルモンバランスの乱れ」は、加齢による卵巣機能の低下によって起こります。しかし、女性ホルモンの分泌量の減少は、まだそれほどありません。

ところが45歳前後になると、女性の気分調整のはたらきを持つエストロゲンの分泌量が、年齢を重ねるにつれてどんどん減少しはじめるのです。

そのため、閉経が近づくプレ更年期の後期になると、イライラする機会が増えたり、感情の波が激しくなります。また、家族や友人など、他人と関わることが面倒に感じるため、1人でイライラに悩む女性も増えるのです。

しかし、女性ホルモンの分泌量がどれだけ減少しているかは自分ではわかりません。

イライラや怒りっぽくなることで日常生活に支障が出たり、辛さを感じる場合は、婦人科で女性ホルモン量の検査を受けることをおすすめします。

女性ホルモンの分泌減少が原因で起こるイライラに効果的なサプリメント

エクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸

「エクオール+ラクトビオン酸」は、体内で大豆イソフラボンから作られる女性ホルモンに似たはたらきをする「エクオール」を直接摂取できるサプリメントです。

大豆イソフラボンは腸内細菌によってエクオールを作ることで、はじめて女性ホルモンに似たはたらきをします。ところが、人によって腸内細菌の種類が違うため、効果の実感力にバラつきがあるのです。

しかし、このサプリでは、腸内細菌の種類に左右されずにエクオールを直接摂取できるので、大豆イソフラボンの効果が誰でも実感しやすくなっています。

さらに、エクオール生産力を高める「ラクトビオン酸」も配合されているので、女性ホルモンの減少で起こるプレ更年期のイライラの予防緩和にとても効果的です。

詳しくはこちら

プレ更年期全期:自律神経のバランスの乱れで起こるイライラ

加齢による卵巣機能の低下や女性ホルモンの分泌量の減少により、自律神経のバランスが乱れることでも精神不安定な状態になります。

生命維持に必要な臓器や神経を調整している自律神経は「交感神経(活動神経)」と「副交感神経(休息神経)」の2つの神経が切り替わることで、心やからだの健康を保っています。
「交感神経(活動神経)」と「副交感神経(休息神経)」の2つの神経が切り替わることで、心やからだの健康を保っています。

しかし、自律神経と女性ホルモンのバランスには相互関係があります。
つまり、どちらか一方のバランスが崩れると、もう一方のバランスも乱れてしまう関係。

そのため、加齢の影響でホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れやすくなってしまうのです。

そして、自律神経のバランスが乱れて、交感神経(活動神経)が過剰になりすぎると、心身が緊張状態になります。すると、昼夜を問わず精神が興奮状態になり、イライラや不眠の症状が起こりやすくなります。

さらに、副交感神経(休息神経)のはたらきが弱くなると、精神をリラックスさせる力も弱まるため、交感神経の興奮や緊張を抑えられずに怒りっぽくなってしまうのです。

したがって、プレ更年期の女性は、加齢による卵巣機能の低下により、女性ホルモンのバランスの乱れや分泌量の減少だけでなく、自律神経の乱れによるイライラも加わります。

ですから、自分では感情が制御できないほど激高したり、イライラがなかなかおさまらなくなることもあるのです。

このように、女性ホルモンバランスの影響で自律神経も乱れている場合は、ホルモンバランスと自律神経を同時に整えることが改善のポイントになります。

睡眠の質や生活習慣の見直し、ストレスの除去などが効果的な方法ですが、なかなか実行できない人にはサプリメントが手軽で便利です。

自律神経の乱れが原因で起こるイライラ改善に効果的なサプリメント

高麗美人

高麗美人

「高麗美人」は、自律神経やホルモンバランスを整える「ジンセノサイド(サポニン)」を、高級ブランドの高麗人参からたっぷり摂取できる満足度の高いサプリメントです。

このサプリは高麗人参の中でも最高級品の「プンギ産の6年根の紅参」を100%使用。

「プンギ産の6年根の紅参」は、通常よりも多くの特有の薬効成分「ジンセノサイド(サポニン)」が豊富に含まれているので、高い薬効効果が期待できるのです。

また、ジンセノサイド(サポニン)には30種類以上もの薬効効果があり、特に自律神経やホルモンバランスの調整、疲労回復や血流改善に高い効果を発揮します。

ですから、自律神経や女性ホルモンのバランスの乱れが原因でイライラしがちなプレ更年期の40代女性におすすめのサプリです。

詳しくはこちら

プレ更年期全期:睡眠障害が原因で起こるイライラ

加齢の影響でホルモンバランスや自律神経が乱れにより精神的に不安定になると、睡眠の質が低下しやすくなり、さらにイライラしやすくなる悪循環が起こります。

具体的には、就寝時間になっても副交感神経(休息神経)が優位にならず、眠っている間でも交感神経(活動神経)の影響で、心身が緊張・興奮状態に。

そのため、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなる、眠ったはずなのに疲れが取れないなどの症状が現れます。
そして睡眠の質の低下が原因で、さらにイライラしたり怒りっぽくなることがあります。

ですから、睡眠障害の改善は、プレ更年期のイライラにとても効果的。
睡眠の障害の改善には、就寝時間の2~3時間前に食事や入浴を済ませ、1時間前には読書などのリラックスタイムを持つことが大切です。

しかし、なかなか実行できない、実行しても効果が見られないという人には、サプリメントの利用をおすすめします。

睡眠障害が原因で起こるイライラに効果的なサプリメント

ピースナイト

キッコーマン ピースナイト

「ピースナイト」はストレスの軽減に有効な「ギャバ(GABA)」と睡眠の質を高める「テアニン」を主原料とした機能性表示食品です。

ギャバ(GABA)は、脳の興奮を抑えてリラックスを促進するアミノ酸。睡眠中に脳をリラックスさせることで、疲労回復の促進とストレスの軽減に有効です。

また「テアニン」はお茶に含まれる成分で「ギャバ(GABA)」と同じように、脳の興奮や体の緊張を緩和させるはたらきがあるため、睡眠の質の改善にとても効果的。

このサプリは、加齢の影響による睡眠の質の低下を改善するために、お醤油でおなじみのキッコーマンが開発したサプリです。

製品に安心感があるので、薬に頼りたくない人や睡眠改善サプリをはじめて試す人におすすめです。

詳しくはこちら

40代女性のイライラは月経前症候群(PMS)を疑う必要もあります。

ここまで、40代のプレ更年期に起こるイライラの4つの原因について説明してきました。

しかし年齢を問わず、生理が近づくと怒りっぽくなる人は、加齢の影響ではなく「月経前症候群(PMS)」を疑う必要もあります。

月経前症候群(PMS)とは?

PMSは、20~40代の生理前の女性に起こる、イライラや頭痛、肩こり、眠気などの不快な症状の総称です。

PMSには、生理が始まる1~2週間前から不快な症状があらわれ、生理が始まると消えるという特徴があります。
ところがPMSは、まだ原因が解明されておらず、検査方法もないのです。

製薬会社の2015年の調査によると、PMS症状の第1位が「イライラ」。
20代~40代の女性の半数以上が、生理前にイライラを感じているそうです。

ですから40代の女性は、イライラの原因がPMSによるものなのか、女性ホルモンのバランスの影響によるものかを判別する必要があります。

そこで、スケジュール帳や基礎体温表などに、イライラを感じた日を記録しておくと便利です。
イライラが毎月、生理前に起こるようであれば、PMSが原因である可能性が高くなります。

月経前症候群(PMS)が原因で起こるイライラ改善に効果的なサプリメント

ルナベリー

ルナベリー

「ルナベリー」は、女性ホルモンバランスを整え、月経前症候群(PMS)の症状改善に効果的な「チェストベリー」を1日1粒で40㎎も摂取できるハーブサプリです。

チェストベリーは、ドイツでは医薬品として、PMSや生理不順、更年期障害の治療などに利用されている薬用植物。

また、ホルモンバランスの調整効果がある「γ‐リノレン酸」を豊富に含む月見草など、女性に嬉しい9種類の西洋ハーブもブレンドされています。

ですから、毎月、生理前になるとイライラなどの不快な症状を感じたり、PMSの改善薬(医薬品)を飲みたくない女性に試してほしいサプリメントです。

詳しくはこちら

「イライラ・怒りっぽい」症状で気をつけるべき他の病気

「イライラ・怒りっぽい」症状で気をつけるべき他の病気
また、サプリメントなどを試しても、イライラや感情の起伏の激しさなどの症状がおさまらない場合は、病気が原因であるかもしれません。

そこで、プレ更年期の女性が気をつけたい「イライラの症状を伴う主な病気」を2つご紹介します。

バセドウ病

バセドウ病は、細胞や臓器の新陳代謝に必要な甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。
とくに女性がかかりやすく、女性の発症率は男性の4倍とも言われています。

また、20代~40代の女性に多く発症するため、プレ更年期の女性は注意が必要です。

バセドウ病の主な症状

バセドウ病の主な症状は3つあります。

1、甲状腺の腫れやしこりができる「甲状腺腫」
2、稀な症状ではありますが目が飛び出る「眼球突出」
3、甲状腺ホルモンの過剰分泌が原因で起こる様々な症状

そして「3、甲状腺ホルモンの過剰分泌」の主な症状には、動悸や手の震え、倦怠感などの肉体的な症状と、イライラする、攻撃性、集中力の低下などの精神的な症状があります。

バセドウ病の主な原因

バセドウ病を発症する主な原因は「自己抗体機能の異常」です。

人間のからだはウィルスや細菌が体内に侵入しないように、血液の白血球内に含まれるリンパ球で、外敵や異物を攻撃するための「抗体」が作られます。

しかし、何らかの原因で、自分自身のからだを攻撃する抗体が作られてしまうことも起こります。ですが、そのしくみはまだ解明されていないのです。

そして、甲状腺が自分自身を異物とみなし、自らを攻撃する抗体を甲状腺で作り、甲状腺の分泌を過剰にさせてしまうのがバセドウ病。

バセドウ病は、遺伝や妊娠、ストレス、更年期などが発症の要因とも言われています。
気になる人は、内科もしくは内分泌科を受診してください。

躁うつ病(双極性障害)

躁うつ病(双極性障害)は、気分が高まる「躁状態」と、気分が落ち込む「うつ状態」を繰り返す脳の病気です。

躁うつ病の主な症状

躁うつ病は、気分爽快で自身に満ち溢れる「高揚感」と、落ち込みや不安などの「焦燥感」を交互にくり返す特徴があります。

また、躁うつ病は、強い症状が出る「双極性障害Ⅰ型」と、比較的に軽い症状の「双極性障害のⅡ型」の2つの症状に分かれます。

そのなかでも、気分の波が激しい「双極性障害I型」の場合、躁状態が過剰になりやすく、ハイテンションになるため、高ぶった感情を抑えられなくなります。

すると、些細なことでも過敏になり、激しく激怒したり、落ち着きがなくイライラしやすくなるのです。

躁うつ病の主な原因

躁うつ病の主な原因は、まだ詳しくは解明されていません。

しかし、主な要因として、遺伝子や育った環境、性格、体質、脳機能などが関係していると考えられています。

また、躁うつ病はうつ病から発症する場合も多いので注意が必要です。

うつ病は年齢を問わずに発症する病気。しかし、発病率はとても高く「10~15人に1人」が生涯に1度はうつ病を経験するとも言われています。

また、女性のうつ病の発症率は男性の2倍とも言われています。

そのため40代のプレ更年期は、自律神経やホルモンバランスの乱れから精神不安になりがちになるため、うつ病の発症に気づきにくい年代です。

よって、感情の波が激しく、自分では制御できない怒りやイライラが度々起こる場合は、心療内科や精神科などの病院での受診をおすすめします。

このページのトップヘ