婦人科に行く前に知っておきたいプレ更年期の診察と検査内容

婦人科に行く前に知っておきたいプレ更年期の診察と検査内容

プレ更年期で婦人科に行く場合、どのような診察や検査をするのか気になりますね。

今回、私自身が婦人科で診察や検査を受けてきましたので、その体験談も含めて、婦人科での診察内容と検査内容について説明します。

あらかじめ診察内容や検査内容がわかっていれば、診察を受ける不安も少しは緩和できますし、一度受けてみたいと思った検査があれば、医師に相談することもできます。

婦人科「問診の内容」

問診に関しては、婦人科に限らず、どの科目でも行われる診察なのですが、婦人科だからといって、生理不順、子宮・卵巣系の相談しかできないということはありません。頭痛、便秘、イライラなど、心や体で気になる悩みを何でも相談してみましょう。

●視診 医師が顔色など見て診察します。
●触診 おなかなどを手で触って診察します
●問診 症状、悩み、病歴、などについて医師から質問されます。

問診のときに、しっかり医師と会話をすることで、先生の人柄がわかり、自分との相性が見極められます。よく話を聞いてくれて、信頼できる先生かどうかを確認してください。

医師と患者の相性はとても大切です。特に婦人科の場合は、女性の心と体の相談をするところですから、何でも話せて安心できる先生でないと、治療通院になった場合、ストレスになってしまいます。

婦人科「検査の種類」

婦人科「検査の種類」

プレ更年期の女性が受ける可能性のある検査項目を書きます。症状や検査設備の有無によっては実施されない場合もありますので、受けてみたい検査があれば、医師に相談してみてください。

●内診 内診室で医師が子宮や卵巣の状態を調べます。
「内診が嫌だから」という理由で、婦人科に行くことを躊躇している人も多いと思います。どうしても抵抗のある人は、病院の予約時、受付時などに意思を伝えておくと良いでしょう。症状によっては、内診をしなくても良い場合もあります。

私が病院に行った時も、「内診は受けますか?」と、患者の意思を聞かれ、決して強制されることはありませんでした。

もし、内診が嫌だという場合は、血液検査など、他の検査を先に行い、その結果次第で必要ならば内診をするということもできるそうです。

●超音波(エコー)検査
子宮や卵巣の状態を画像で診断する検査です。お腹の上から撮影する方法と、膣内から撮影する2つの方法があります。

経腹超音波検査
超音波を発信・受診する「超音波プローブ」(探触子)を腹上でスライドさせながら画像診断する検査です。子宮の形状異常、子宮筋腫の有無、卵巣嚢腫などの診断ができます。ただし、おなかの中の脂肪、筋肉、腸内のガスなどで画像が不鮮明になります。

どうしても、内診が嫌な人は、この「経腹超音波検査」が可能かどうか医師に相談してみましょう。

経膣超音波検査
プローブを膣内に挿入して膣内から撮影をします。子宮や卵巣に近づけるので画像がとても鮮明で、小さいものも映ります。

私もこの検査を受けましたが、子宮内膜の厚さを正確に測ったり、卵胞の大きさを確認することができるので、プレ更年期の人には、なるべく受けていただきたい検査です。

●細胞診 子宮頸がんの検査
検査用の綿棒で子宮の入り口の細胞を採取し、子宮頸がんの有無を調べます。結果は数日後になります。

プレ更年期とは直接は関係のない検査ですが、これまでがん検診をしていない人は、この機会に受けてみるとよいでしょう。

●おりもの検査
おりものに異常がある時、おりものを採取して顕微鏡や培養検査で細菌やウィルスの有無を調べます。

●血液検査
プレ更年期には、一番重要な検査です。血液検査でわかることは2つあります。

プレ更年期なのか、更年期なのか

45歳を超えた女性は女性ホルモンの減少がみられますが、血液検査で、更年期障害なのか、そうでないのかが確定できます。

更年期ではない人も、卵巣機能のはたらきが順調かどうか、どれだけ更年期に近づいているか、などがわかります。

血液検査を行うことで、プレ更年期の原因が女性ホルモンによるものなのか、自律神経の不調によるものなのかを見極めることができます。

血液検査で、ホルモンの分泌量に異常がなければ「自律神経系の不調によるプレ更年期」と確定できるので、ケア方法も見つけやすくなり、早期改善につながるのです。

それでは、もう少し具体的に、血液検査について説明します。

プレ更年期 血液検査項目

プレ更年期の血液検査項目は2つあり、この2つの結果を総合して判断します。

①エストラジオール(E2)検査

この検査は「女性ホルモンがどのくらい分泌されているか」を調べる検査です。

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の主成分である「エストラジオール」の濃度を測ります。濃度が低いと、卵巣機能の低下や更年期の疑いがあります。

②卵胞刺激ホルモン(FSH)・黄体形成ホルモン(LH)検査

この検査は「女性ホルモンの減少によって、どのくらい脳に影響が出ているのか」を調べる検査です。

卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)は、脳の下垂体から卵巣に向けて出される「ホルモン分泌指令書」のはたらきをしています。このホルモンが卵巣に届くと、女性ホルモンが分泌されるのです。

「FSH」「LH」の数値が高いということは、脳から、卵巣に「ホルモンを分泌しなさい!」と過剰に指令が出されているという状態です。逆に言えば、卵巣から女性ホルモンが十分に分泌されていないことを意味しています。

これは、女性ホルモンの減少によって、脳にかなり影響が出ている状態なのですが、この状態こそが、更年期障害の原因となるのです。

①E2検査、②FSH・LH検査、それぞれの数値が更年期の数値パターンに当てはまると「更年期障害」と診断されます。

勇気を出して婦人科に行きましょう。

勇気を出して婦人科に行きましょう。

日本人女性の閉経年齢は50歳前後だと言われていますので、プレ更年期の40代は、この10年以内に必ず更年期や閉経を迎えます。

本格的な更年期障害になる前に、今感じているプレ更年期の症状を改善・緩和しておかなければなりません。

今のうちに、更年期になっても通える婦人科を探しておくことも大切ですし、病院に行くことで得られる情報も多いです。

私も、病院に行くまでに、何度も躊躇しましたが、いざ行ってみたら、同世代の女性がたくさん来ており、検査もあっという間に終わりました。長年、不安に思っていた体の悩みも診て頂いて、その場で解決したので、行ってよかったと思っています。

婦人科は、あまり積極的に行こうとは思わない科目の病院ですが、体の悩みは、家族や友達に相談しにくいこともあります。1人で抱え込んで症状を悪化させるよりは、勇気を出して婦人科に行くことをおすすめします。

このページのトップヘ