グルコサミンは関節痛だけじゃない!プレ更年期改善にも効果的

グルコサミンは関節痛だけじゃない!プレ更年期改善にも効果的

通販CMで有名なので「グルコサミン」が関節に効果的な成分であることは、ご存じだと思います。

しかし、グルコサミンがどのような成分で、なぜ関節痛に有効なのか、などの詳細はCMではよくわかりません。

そこで、グルコサミン成分について詳しく調べてみました。

理解を深めていただくために「関節のしくみと関節痛」から説明します。
その後で「グルコサミンの基礎知識」や40代女性は知っておくべき「変形性膝関節症」についてもご紹介します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

関節(膝関節)のしくみと関節痛

人間には約360個もの関節があると言われています。(個数は分類方法によって違います)

その中でも、体重の荷重がかかるのは腰や足の関節で、特に「膝(ひざ)関節」は、体重の負荷に加えて、歩く、走る、しゃがむなどの動作が加わり負担が大きくなる関節です。

膝関節にかかる荷重は体重の約4倍とも言われています。
その重さに耐えながら、足の曲げ伸ばしの運動がスムーズに行えるように、膝関節を調節しているのが、関節内部にある「関節軟骨」です。

関節内部にある「関節軟骨」です。

関節内部の骨と骨のつなぎ目には、関節軟骨というゲル状でなめらかな素材があり、骨と骨が直接ぶつかり合わないようにクッションの役目をしています。

この関節軟骨が減少すると「軟骨のクッション性」が弱くなり、膝に強い負荷がかかるようになることで関節痛が起こるのです。

そこで、関節軟骨についてより詳しく説明します。

関節軟骨の成分とはたらき

関節軟骨は「プロテオグリカン」と「コラーゲン(Ⅱ型)」と微量の「軟骨細胞」でできています。

そのなかで「関節のクッション性」を調整しているのは「プロテオグリカン」です。

「プロテオグリカン」は大量の水(滑液)を含んだ「ゲル状」の物質。
ネバネバとしたムコ多糖類の「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」などを含む物質で、高い保水力があります。

関節に加わる圧力に応じて水を排出しながら「低反発マット」のように軟骨を変形させて、衝撃を吸収・分散させるはたらきをします。
そして、圧力がおさまると水を吸いながら元の軟骨の形に戻ります。

このように、プロテオグリカンが保水力を調整しながら関節軟骨のクッション性を調節しているのです。

関節軟骨の減少と関節痛

関節軟骨の減少と関節痛

しかし、関節軟骨は、日常の負担が長期化することで「すり減り」が起こります。
立つ、座る、しゃがむ、歩くなどの動作だけでなく、スポーツ、肥満、加齢などの様々な原因が「軟骨のすり減り」を加速させます。

関節軟骨がすり減ってしまうと「骨と骨の摩擦の軽減」や「骨にかかる衝撃の吸収・分散」するはたらきが弱くなり、関節に大きな負担がかかります。
その結果、膝関節に違和感や痛みが起こるのです。

擦り減りや破損した関節軟骨は、新陳代謝を繰り返しながら自己修復のはたらきをします。
そのはたらきを助けているのが「グルコサミン」です。

軟骨を生成するグルコサミン引用元:http://bee-lab.jp/megumi/glucosamine/index.html

では、ここから「グルコサミン」について詳しく説明します。

グルコサミンの基礎知識

グルコサミンは、体内でグルコース(ブドウ糖)から合成されるアミノ酸の一種です。

関節軟骨成分「プロテオグリカン」に含まれる「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」の材料になり、関節軟骨を修復・再生するはたらきがあります。

また、それ以外にも「関節軟骨の分解を防ぐはたらき」や、関節炎などの痛みを抑える「抗炎症作用」も臨床研究で明らかになっています。

このように、グルコサミンは関節軟骨の材料になるだけでなく、修復や再生、抗炎症などのはたらきもあり、関節軟骨には必要不可欠な成分なのです。

グルコサミンは年齢と共に減少

関節軟骨の生産や再生に、とても重要なはたらきをするグルコサミンですが、加齢とともに生成量が低下します。

体内のグルコサミン量は、40代になると「20代の頃の約半分」まで減少してしまうのです。
そのため、年齢とともに食品からグルコサミンを補給する必要があります。

では、どのような食品にグルコサミンは多く含まれているのでしょうか?

グルコサミンを多く含む食品

グルコサミンを多く含む食物としてえびやカニのからや甲羅などがあげられていました。

グルコサミンはエビやカニの「殻や甲羅」、鶏の軟骨や皮、フカヒレ、うなぎなどに多く含まれています。

しかし、通常ではエビやカニの殻や甲羅を大量に食べることはしません。
また、フカヒレやうなぎは高価な食材なので、毎日摂取し続けるのは難しいです。

そこで、日常で摂取しやすいのが、山芋、オクラ、納豆などの「ネバネバ食品」です。

山芋やオクラには、グルコサミンだけでなくコンドロイチンも含まれています。

グルコサミンの1日に必要な摂取量は1,000~1,500㎎と言われています。

しかし、植物性食品に含まれるグルコサミンは含有量が非常に少なく、作物によっても含有量が違います。ですから普段の食事で、毎日「1,000㎎」摂取することは非常に大変です。

そこで、関節痛の改善などの目的を持ってグルコサミンを摂取したい人にはサプリメントの活用が便利です。

一定量の高濃度のグルコサミンを、毎日手軽に摂取できるので続けやすく、効率よく改善が期待できます。

ただし「甲殻類アレルギー」の人はサプリメントの原料に注意が必要です。

甲殻類アレルギーの人は植物性グルコサミン

グルコサミンを多く含む食物として山芋やオクラなどネバネバ野菜があげられていました。

グルコサミンサプリの多くは、エビやカニの殻から抽出した「動物性グルコサミン」を配合しています。

ですから「甲殻類アレルギー」の人は、サプリメントの原料を確認してから購入する必要があります。

現在では、甲殻類アレルギーの人でも摂取できる「植物性グルコサミン」(とうもろこし由来など)もありますので、アレルギーがある人は「植物性」のサプリを選ぶようにしましょう。

ここまでは関節軟骨やグルコサミンについて説明してきました。
次にご紹介するのは、40代女性ならば誰にでも起こる可能性がある「変形性膝関節症」についてです。

40代女性は「変形性膝関節症」の初期症状に要注意

グルコサミンは関節痛だけじゃない!プレ更年期改善にも効果的なのですが、40代女性は変形性膝関節症にも注意だということが分かっているようです。

「変形性膝関節症」は、これまでは60歳以上の高齢者の病気として知られていましたが、近年では40代から初期症状が発症する病気です。男性よりも女性に多く発症します。

この症状は、関節の負荷や病気などが原因で、軟骨の破壊(摩耗)によって「膝が変形」することで起こる関節痛です。

この病気で気をつけたいのは、最初から激痛が走ることはなく、気づかないうちに症状が進行してしまうことです。
放置して重篤化すると「車いす生活」や「寝たきり生活」になる可能性もあります。

ですから40代女性は、日常での「関節痛の予防」がとても大切です。

生活習慣に適度な運動を取り入れて筋肉の低下を予防したり、グルコサミンサプリを食事の補助に活用して、日頃から関節軟骨がすり減らないように気をつけましょう。

また、この病気の初期症状は「歩き出しの痛み」や、起床時の「ひざのこわばり」などの小さな症状から始まります。
このような症状を感じたときは、早めに病院で受診するようにしましょう。

おすすめの「グルコサミンサプリ」

人気の「グルコサミンサプリ」と、甲殻類アレルギーの人でも摂取できる「植物性グルコサミンサプリ」をご紹介します。

また、既にグルコサミンサプリを試しても効果が得られなかった人には、主要な軟骨成が全て入った「プロテオグリカンサプリ」をご紹介します。

グルコサミンサプリ(動物性グルコサミン)

大正グルコサミン パワープラス

大正グルコサミン パワープラス

「大正グルコサミン パワープラス」は、関節軟骨に有効な3つの成分「グルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン」を贅沢配合したサプリメントです。

1日分(9粒)に、グルコサミンの1日摂取目安量1,500㎎を配合。さらに、関節軟骨のクッション性や滑らかな動きを助ける2成分「コンドロイチン30mg」と「コラーゲンペプチド 20mg」も摂取できます。

3つの成分を同時に摂取することができるので、40代女性に起こりやすい関節痛や変形性膝関節症の予防に、とても有効です。

詳しくはこちら

甲殻類アレルギーのある人向き(植物性グルコサミンサプリ)

グルコサミンリッチ

グルコサミンリッチ

「グルコサミンリッチ」は、とうもろこし由来の「植物性グルコサミン」を1日分(7粒)で1200㎎も摂取できる関節痛予防改善サプリメントです。

また、軟骨サポート成分として、コンドロイチンを含有したサケ軟骨エキスや、コラーゲンの生成を助けて関節痛の緩和効果もあるMSMなどの成分もしっかりと配合されています。

エビやカニ由来のグルコサミンではないので、甲殻類アレルギーの人でも安心して飲めるサプリメントです。

詳しくはこちら

軟骨成分「プロテオグリカン」配合サプリ

北国のめぐみ

北国のめぐみ

「北国のめぐみ」は、軟骨を形成する3つの成分「プロテオグリカン」、「Ⅱ型コラーゲン」、「ヒアルロン酸」を全て摂取できるサプリメントです。

一般的なプロテオグリカン配合のサプリメントは、成分抽出過程で加熱などにより分子が変性した状態で配合されています。しかし「北国のめぐみ」は、熱を加えず人間の体内と同じ「非変性」の状態で成分配合。

そのため、分子を分解することなく素早く吸収されるので、軟骨改善効果をより早く実感することができます。

グルコサミンでは満足出来なかった人におすすめのサプリメントです。

詳しくはこちら

このページのトップヘ