プレ更年期とは?更年期障害との原因の違いを理解しましょう

プレ更年期とは?更年期障害との原因の違いを理解しましょう

ここでは、みなさんが一番知りたいであろう「プレ更年期のメカニズム」についてお話しします。

自律神経や女性ホルモンの話になるのですが、知っていただきたいことがたくさんあるので、それぞれの働きなどの詳細については別のページでお話しします。

このページでは「不快な症状がおこるしくみ」を重点に解説します。

さっそくですが・・・プレ更年期の不快な症状は「自律神経の乱れ」「女性ホルモンバランスの乱れ」によっておこります。

この自律神経や女性ホルモンを乱す引き金になるのは、ストレス 無理なダイエット 不規則な生活 食生活の乱れ 肥満 であり、同じ症状でも「人それぞれで原因が違う」という複雑さがあります。

それではまず「自律神経の乱れ」についてお話しします。

プレ更年期~自律神経の乱れとは?~

自律神経は、胃腸の働き、血液循環、呼吸などの臓器・器官を24時間コントロールしている神経で「交感神経」と「副交感神経」という2つの自律神経が「交互に切り替わること」で機能しています。

この2つの神経は、おもしろいことに「真逆の働き」をしています。
交感神経は「活動するための神経」 副交感神経は「休息・回復のための神経」です。

脳の「視床下部」というところが、状況を判断して「切り替え指令」を出しています。

さて、ここからが「自律神経の乱れ」の本題になります。

「ストレス」や「生活習慣の乱れ」が長く続くと、脳の視床下部の判断が混乱しはじめ「交感神経」と「副交感神経」の切り替えが狂い始めます。これが「自律神経の乱れ」です・・・と、言われても、何のこっちゃ?とよくわかりませんよね。

そこで、具体例として「睡眠」の話をします。

人間の体は、朝、目が覚めると「交感神経」が呼吸・心拍数・血圧を上げます。その結果「体温が上がる」ことで、臓器や器官を活発に「活動」させています。

夜、睡眠時間になると、脳の視床下部が「副交感神経」に切り替え、日中、交感神経が上げていた呼吸・心拍数・血圧を下げて「体温を下げる働き」により、体をリラックスさせて、臓器や器官を「休息・回復」させているのです。

睡眠時に「寝冷え」したり、日中とは違う深い呼吸でスースーと「寝息」をたてるのも、副交感神経の働きによるものです。

このように人間の体は、自律神経の切り替えのおかげで「活動と休息」を繰り返しています。

日常で、よく見聞きする「ストレスや生活習慣の乱れが『生活のリズム』を崩す」というフレーズですが、まさにこの自律神経の切り替わりこそが「生活のリズム」であり「ストレス」や「生活習慣の乱れ」が「視床下部の判断能力」を狂わせているのです。

今回の「睡眠」の場合は、自律神経が乱れると、睡眠時間になっても副交感神経と切り替わらず「交感神経が働いたまま」になります。

寝ていても臓器や器官は休息しておらず、体内は「興奮状態」のままなので、この状態が何日も続くと「不眠」「疲労感・倦怠感」「イライラ」「落ち込み」の症状がでてくるのです。

プレ更年期~自律神経と女性ホルモンは相互関係~

プレ更年期~自律神経と女性ホルモンは相互関係~

自律神経の乱れの話から少し離れて「女性ホルモンバランスの乱れ」のお話しをします。

女性ホルモンには2種類あり、「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)が交互に分泌されることでバランスが保たれています。

女性ホルモンバランスが崩れると生理不順、生理痛のような卵巣・子宮への影響だけでなく、肌荒れ、ニキビ、体調不良など体にも影響がでます。

女性ホルモンの分泌は脳の「視床下部」がコントロールしており、視床下部の指令を受けた脳下垂体が、分泌すべきホルモンの種別を判断して卵巣に指示しています。

ここで一つ前の「自律神経の乱れ」が関係してきます。自律神経と女性ホルモンはどちらも脳の「視床下部」がコントロールしています。

視床下部にストレスがかかると判断能力が混乱し、双方に誤った指示を出すようになります。

それならば脳へのストレスを取り除いてあげれば問題解決になるハズなのですが、困ったことに、自律神経と女性ホルモンは、「双方が影響しあう関係」にあるのです。

どちらか一方のバランスが乱れると、視床下部を介して、もう一方のバランスも乱れるという関係です。

自律神経の乱れが女性ホルモンバランスを乱す原因になり、逆に、女性ホルモンバランスの乱れが自律神経を乱す原因になるということです。

いかがですか?プレ更年期のメカニズムの複雑さがご理解いただけたでしょうか?

プレ更年期~月経前症候群(PMS)~

プレ更年期~月経前症候群(PMS)~

プレ更年期は「更年期の年齢でもないのに更年期障害と似た症状」を感じている人の総称なので「月経前症候群」(PMS)と呼ばれる症状の方も含まれています。

生理が始まる2週間前ごろから、更年期障害に似た症状である、イライラ、落ち込み、眠気、頭痛、肩こり、むくみ・・・など、心と体にさまざまな不調があらわれます。

しかし、生理が始まると症状が消えたり、軽くなるという特徴があります。

詳細については別ページで解説しますが、この「月経前症候群」(PMS)は「症候群」と呼ばれていることからわかるように、原因もまだ解明されておらず、特定するための検査方法すらありません。

ただ、生理が始まると症状がおさまることから、何かしらの女性ホルモンが関係していることだけはわかっています。

先に、自律神経と女性ホルモンバランスは双方影響しあう関係にあるとお話ししたのですが、この月経前症候群(PMS)も、女性ホルモンが関係しているので、相互に自律神経に影響を及ぼす可能性があるのです。

プレ更年期のメカニズム~まとめ~

プレ更年期の症状の「本当の原因」は、ストレス 無理なダイエット 不規則な生活 食生活の乱れ 肥満などであり、同じ症状であっても「人それぞれ」で原因がちがいます。

場合によっては「ストレス+食生活の乱れ」というように複数の原因が関係していることもあります。

プレ更年期の「原因としくみ」が複雑であることはご理解いただけたかと思います。

症状を引き起こしている「本当の原因」はストレス 無理なダイエット 不規則な生活 食生活の乱れ 肥満ですから、まずは「自分の生活を見直すこと」が大切です。

原因は1つではない場合もありますから、多方面から原因を探ってくださいね。

プレ更年期はとても複雑ですけど、セルフケアできることもたくさんあるのです。

このページのトップヘ