GABA(ギャバ)サプリでプレ更年期によるイライラ・不眠を解消!

GABA(ギャバ)サプリでプレ更年期によるイライラ・不眠を解消!写真はグリコから販売されたメンタルバランスチョコレートGABAのこと。

GABA(ギャバ)は、1980年代に農林水産省の茶業試験場で開発された「ギャバロン茶」が販売されたことで一般に知られるようになった成分です。

しかし、GABAがより身近になったのは2005年にグリコから販売された「メンタルバランスチョコレートGABA」ではないでしょうか。

この商品のCMにより、GABAにはストレス緩和やリラックス効果があることが知られています。

しかし、この他にもGABAの効果・効能は、たくさんあります。

そこで、40代のプレ更年期にも有効なGABAについてご紹介します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

GABAの基礎知識

GABAの基礎知識について、写真を交えて報告していきます。

GABA(ギャバ)はアミノ酸の一種で、正式名称は「γ-アミノ酪酸(Gamma-Amino Butyric Acid)」。
一般的に、英語名の頭文字を取って「GABA(ギャバ)」と呼ばれています。

GABAは、人間や動物の脳や脊髄などの中枢神経に多く存在しており、神経間に情報を伝える「神経伝達物質」の役割をしています。

脳内では「抑制性の神経伝達物質」として、神経の興奮を鎮めたり、血管収縮を抑えて血流を増やすことで、脳の機能を正常に保っています。

またGABAには、脳の機能を活性化する以外にも、健康維持に有効なはたらきがたくさんあります。
そこでGABAの体内でのはたらきについてご紹介します。

GABAの主なはたらき

GABAは脳内の抑制性の神経伝達物質なので、神経や筋肉の興奮や緊張を緩和する作用があり、その効果は全身に及びます。

そこで主な健康作用をまとめました。

GABAの主な健康作用

GABAの効果には、血圧を下げるものや血糖値をさげるものなどもあります。
血圧を下げるはたらき

GABAには血管拡張作用があり、腎臓のはたらきを活性化させて、血圧上昇の原因になる塩分(ナトリウム)の排泄を促進します。

GABAの「血圧降下作用」は、特定保健用食品(トクホ)に認定。
トクホは、国の審査によって医学的効果が確認されているので、高い改善作用が期待できます。

その他にも、次のようなはたらきがあります。

血糖値を下げるはたらき

GABAには血糖値の上昇を抑えるホルモン(インスリン)の効果を高める作用があります。

精神安定、抗ストレス作用

GABAは興奮神経(交感神経)を抑制して、脳をリラックスさせる作用があります。

脂肪の代謝促進(コレステロール、中性脂肪の増加を抑制)

GABAは肝臓を活性化させて基礎代謝を上げ、脂肪の代謝を促進するはたらきがあります。

このように、GABAは、神経や血管、臓器などに作用して、様々な健康効果を発揮します。
しかし、体内のGABAは加齢によって減少するため、食事で補う必要のある成分。

そこで、GABAの不足で起こる症状と、GABAの摂取効果についてご紹介します。

プレ更年期に有効なGABAの摂取効果

プレ更年期に有効なGABAの摂取効果。GABA不足によりおこってしまう悪循環を防ぐためにもサプリで補うのが良さそう。

40代のプレ更年期になると、加齢による脳細胞の代謝の低下やストレスによって、GABAの不足が起こります。

GABAが不足すると、脳内で興奮系の神経伝達物質の分泌が増加するので、脳内神経が興奮状態になり精神面に大きな影響を与えます。

そこで、主なGABAの不足で起こる精神症状をまとめました。

GABA不足で起こる主な精神的影響

  • 不安感、恐怖感、神経質
  • イライラ、怒りっぽい
  • 気分のムラ、抑うつ、うつ、妄想
  • 集中できない、記憶障害

このような精神不安は睡眠にも影響を及ぼすため「不眠」や寝ても疲れが取れない「睡眠の質の低下」も引き起こします。

そこで、脳の興奮を抑えて精神を落ち着かせるにはGABAの摂取が効果的。

GABAは精神を興奮させる神経伝達物質「グルタミン酸」や「ドーパミン」の増加を抑制するはたらきがあります。

このはたらきにより脳内神経の「興奮」と「抑制」のバランスがとれるようになるので、脳の興奮がおさまり、イライラや不安感、不眠の緩和に有効です。

また、精神が安定して安眠できるようになると、疲労回復や、気分のリフレッシュによるストレスの軽減も期待できます。

とくにプレ更年期の女性は、GABAだけでなくホルモンバランスも加齢の影響を受けるので、精神不安や不眠が起こりやすい年代。
ですから、40代は積極的に食品でGABAを補う必要があります。

では、加齢により減少するGABAを食事で補うには、何をどれくらい食べればよいのでしょうか?

GABAの摂取目安量と摂取方法

GABAは食物からも摂取できる栄養素だそうです。

GABAは食物から摂取できる栄養素です。
ところが摂取した成分は直接、脳には届きません。

なぜなら、脳内の血管には特定の成分しか通さない「血液脳関門」があり、GABAはこの関門を通過できないのです。

しかし、腸内には脳内と同じGABAを感知する器官があります。腸内でGABAの存在を感じると、その情報(刺激)が脳と腸をつなぐ中枢神経に伝わって脳まで届くのです。

実は「腸内のGABAが脳内でどのように作用するか」についてはまだ明確ではありません。

「腸からのGABAの刺激が直接的に脳神経を抑制する」
「腸からの刺激によって脳内でのGABAの生成が活性化される」
など、複数の説があります。

このように、GABAは作用メカニズムについて、まだ不明確な点もある成分です。

しかし、食品から摂取するGABAの有効性は認められており「血圧降下作用」は国の審査を受けて特定保健用食品(トクホ)にも認められています。

そこで、GABAを多く含む食材と摂取目安量についてご紹介します。

GABAを多く含む食材

GABAを多く含む食材の中にはトマトなどもあります。意外なことですがギャバは普通に食物から摂取することも可能です。

トマト、ナス、カボチャ、ブドウ、ミカン、ぬか漬け、キムチ

その中でも、特に玄米や発芽玄米に多く含まれています。
発芽玄米100gには約10㎎のギャバが含まれており、白米の10倍の量に相当。

GABAの1日の必要摂取量の目安は10~50㎎と言われています。
ですから、白米を玄米に替え、野菜や果物を毎日摂取していれば不足することはありません。

しかし、学習能力の向上や不眠の改善、ストレスの緩和などの改善目的には200~500㎎の摂取が効果的と言われています。

食事だけで200~500㎎ものGABAを毎日継続して摂取するのは大変です。
そこで、改善目的の場合は、食事の補助にサプリメントの活用をおすすめします。

不眠の改善にはサプリメントがおすすめ

とくに不眠の改善にはサプリメントが効果的。

なぜなら、サプリメントには、GABAの他にも睡眠やリラックス効果を高める成分が配合されているので、食事から摂取するよりも高い効果が期待できるからです。

GABAは睡眠中に脳や脊髄で作られているので、不眠の人は特にGABAが不足します。

しかし、不眠が原因でGABAが減少すると、神経が興奮しやすくなり、さらに眠れなくなる悪循環。

ですから、食事で効果を感じられない人にはサプリメントを試して欲しいと思います。
また、睡眠薬などの強い薬は飲みたくないという人にもおすすめです。

ただし、GABAは1日1000㎎以上の摂取は控えるべきと言われています。
効果を期待するあまりにGABAを過剰に摂取しないように注意しましょう。

おすすめの「GABAサプリ」

からだ想い ピースナイト

からだ想い ピースナイト

キッコーマンの「からだ想いピースナイト」は40代女性のために作られた休息サプリメントです。

40代はストレスや加齢によるホルモンバランスの乱れの影響で自律神経のバランスが乱れてしまい、イライラや精神不安・不眠などのプレ更年期の症状起こります。

このサプリには、自律神経の乱れを調整するGABAや心身のリラックスに有効な3種類のサポート成分も配合されているので、40代女性の精神安定や不眠改善に効果的。

醤油の醸造過程で生まれたGABAを使用したキッコーマンのサプリメントなので、原材料や品質管理に安心感があります。

詳しくはこちら

グッドナイト27000

グッドナイト27000

「グッドナイト27000」は、GABA や特許成分ラクティウムなど、心身のリラックスや不眠の改善に有効な7つの成分をたっぷりと摂取できる睡眠サプリです。

このサプリは「配合量の多さ」と「特許成分」の2つの特徴があります。

1日分(3粒)で、GABA 102㎎、テアニン210㎎、テアニン210㎎など、7種の休息成分を合計で900㎎も摂取できるので、効果を感じやすいと評判です。

さらに、眠りの質を高める作用が期待できる特許成分ラクティウムも90㎎摂取できるので、他の休息サプリでは満足できなかった人や睡眠の質を改善したい人におすすめします。

詳しくはこちら

潤睡ハーブ

潤睡ハーブ

「潤睡ハーブ」は、アミノ酸をバランスよく摂取することで睡眠の質を改善する植物由来のサプリメントです。

主原料には9種類の必須アミノ酸がすべて摂取できるクロレラと、独自の発酵技術で抽出した天然アミノ酸のGABAを使用。

アミノ酸をバランスよく摂取することで、睡眠ホルモン分泌の正常化や自律神経のバランス調整が期待できるので、心身がリラックスや快眠に有効です。

また、クロレラには18種類のアミノ酸以外にも、17種類のビタミンや7種類のミネラル、食物繊維も豊富に含まれているので、食生活が乱れがちな人の栄養サポートにもおすすめします。

詳しくはこちら

このページのトップヘ