プレ更年期の診察と検査は婦人科?内科?何科の病院に行く?

プレ更年期の診察と検査は婦人科?内科?何科の病院に行く?

プレ更年期の症状は、月経不順だけでなく、のぼせ、ほてり、冷え、肩こり、眠気、頭痛、イライラ、便秘、下痢・・・さまざまな不快な症状が起こります。

病気が原因ではない場合、プレ更年期の症状はセルフケアで治ることが多いのですが、軽い症状でも長期化している場合や、症状が重い場合は、病院に行くべきです。

では、プレ更年期の症状は、何科で診察を受けたらよいのでしょうか?

まずは、不快な症状の診察科目で受診

病院は、まずは辛い症状の診察科目の病院に行きましょう。

頭痛・便秘・不眠は「内科」めまいや耳鳴りは「耳鼻科」肩こり・腰痛は「整形外科」というように、各専門科目で受診し、専門医の診察や検査を受けて異常がないかを調べます。

検査や診察で異常がなく「原因がよくわからない」「自律神経の失調」だと言われた場合や、イライラや落ち込みなどの症状を伴っている場合は、女性ホルモンが影響している可能性がありますので、婦人科か女性外来で診察を受けてみましょう。

イライラ・落ち込みなどの心の症状が強い場合や、最優先で心の症状を改善したい場合は、心療内科に行くのも良いと思います。もちろん、婦人科や女性外来でも相談できます。

ちなみに、婦人科と産婦人科は違います。婦人科は、妊娠以外の女性の悩みを相談できるところです。子宮や卵巣、女性ホルモン、月経異常、更年期などの相談ができます。
プレ更年期の場合は、産婦人科よりも婦人科のほうが、より専門的に相談できると思います。

女性外来は、まだなじみが少ないですが、産婦人科、精神科、内科を中心として、複数の科が連携して、女性の心と体を総合的に診察してくれます。しかし、まだ病院の数が少なく、人気なので、完全予約制のところも多く、予約がとりにくい場合も多いです。

婦人科に行く前に準備しておくこと

婦人科に行く前に準備しておくこと

婦人科は、日頃、あまりなじみのない病院です。特に初めての病院の場合は、緊張や不安を誰でも感じます。そこで、病院に行く前にあらかじめ準備しておき、当日病院に持参するとよい4つのことについて説明します。

問診票の項目のメモ

病院を訪れて、受付でまず言われるのが「問診票の記入」ですが、何気に緊張していたりで、正確なデータが思い出せないことも多いです。特に婦人科は、生理に関する質問項目が多いので、なかなか思い出せずに焦ってしまうこともあります。

そこで、婦人科での「主な質問内容」についてメモしておくと便利です。

●主症状(来院目的)
●初潮の年齢
●最終月経の開始日 (○月○日から○日間) 
●生理周期の日数(○日周期)
●出産歴 
●病歴
●家族の病歴 (乳がん・子宮がん・卵巣がん・糖尿病・高血圧・心臓病など)
●服薬の有無
●アレルギーの有無
●喫煙の本数、飲酒量

婦人科での主症状の説明と質問項目

問診票の記入も焦りますが、やはり一番緊張するのが「症状の説明」です。あらかじめ頭で説明内容を考えていても、いざ診察室に入ったら、初めて会う先生に緊張してシドロモドロ・・なんてことは誰しもあります。

●どんな症状が
●いつから始まって
●どのように経過しているか
●自分で思い当たる原因

などの項目を、まとめてメモしておくとよいでしょう。
また、気になっている質問事項などがあれば、メモしておくと質問しそびれることがありません。

基礎体温表
基礎体温をつけている人は、必ず基礎体温表を持参しましょう。できれば3ヶ月前からのデータを持参すると良いでしょう。
プレ更年期の場合、イライラ、頭痛、不正出血などが起こった日を基礎体温表に書き込んでおくと、月経前症候群(PMS)、無排卵性月経、黄体機能不全などの診断に役に立ちます。

生理用品と下着
婦人科や女性外来は、生理中でも診察してくれます。特に、女性外来の場合は予約制が多いのですが、生理のためにキャンセルする必要は全くありません。
心配な人は、予約のときに、生理が始まってしまった場合のことを質問しておくと良いでしょう。

生理中であっても内診をする場合がありますし、生理中でなくとも、検査で出血やおりものが出てしまう場合もありますので、生理用品や下着を用意しておくと安心です。

プレ更年期は「かかりつけ医(ホームドクター)」を持つと安心

プレ更年期は「かかりつけ医(ホームドクター)」を持つと安心

かかりつけ医(ホームドクター)とは、日常的な診療を行ってくれる身近なお医者さんのことです。

プレ更年期の場合、心や体に症状が出ますから、何でも気軽に相談できて、いざというときは専門医を紹介してくれる「かかりつけ医」が、近所いると安心できますね。

特に45歳以上の人は、婦人科にかかりつけ医があると心強いです。これから本格的な更年期を迎え、これまで以上に、体調に変化が起こります。プレ更年期のうちに、婦人科の「かかりつけ医」を見つけておくことは、一番の更年期対策と言えるでしょう。

このページのトップヘ