【朗報】美肌だけじゃない!アミノ酸サプリのプレ更年期改善効果

【朗報】美肌だけじゃない!アミノ酸サプリのプレ更年期改善効果

アミノ酸といえば、ジム通いをしている人なら「アミノ酸パウダー」や「アミノ酸ドリンク」、主婦なら「うまみ調味料」を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、同じアミノ酸成分でありながら、料理でアミノ酸パウダーを調味料に使うことはしません。
それでは、運動で摂取する「アミノ酸パウダー」と料理で使う「うま味調味料」とでは、何が違うのでしょうか?

そこで、このページでは「アミノ酸のはたらき」や「効果・効能」についてご紹介します。

プレ更年期の40代女性の健康と美容にとても有効なので、ぜひともお伝えしたい成分です。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

アミノ酸の基礎知識

アミノ酸パウダー。

アミノ酸は「タンパク質を構成する最小の成分」で、一般的にはアミノ酸が100個以上結合したものを「タンパク質」と呼びます。

人間の体は、水分を除く約50%がタンパク質でできています。つまり、人間の体は「アミノ酸の結合」でできているとも言い換えることができるのです。

これから詳しくアミノ酸について説明しますが、理解する上で重要な「4つのポイント」をご紹介します。

ポイント①
人間の体は「20種類のアミノ酸」で構成されている。

タンパク質は、結合するアミノ酸の「種類、結合数、配列の順序」で種類が決まり、それぞれはたらきが違います。

皮膚や筋肉、毛髪、血液、ホルモン・・など、人間の体を構成しているタンパク質の種類は約10万種もあると言われています。
しかし驚くことに、この10万種類のタンパク質は、たった「20種類のアミノ酸」の組み合わせだけで出来ているのです。

ポイント②
20種類のアミノ酸のうち、9種類のアミノ酸は体内で作ることができない。

タンパク質を構成する20種類のアミノ酸引用元:基礎からわかるアミノ酸:アミノ酸とは

人間の体を構成する20種類のアミノ酸のうち「9種類」は体内で生成することができません。この9種類は食物から摂取する必要があり「必須アミノ酸」と呼ばれています。

ポイント③
アミノ酸は結合してタンパク質になるだけでなく、アミノ酸のままでも独自のはたらきがある。

アミノ酸は、結合してタンパク質になることで内蔵や皮膚、血液など「体を作る役割」をしていますが、アミノ酸(単体)のままでも個別に生命維持活動を支える役割があります。

ですから、体を構成する20種類のアミノ酸にはそれぞれ別のはたらきがあるので、1つとして不足しないように注意が必要です。

ポイント④
アミノ酸は「結合する数」で名前が変わる。

アミノ酸とは「単体」の成分名で、タンパク質とはアミノ酸が「100個以上結合」したものと説明しましたが、その中間的な存在に「ペプチド」があります。

ペプチドはアミノ酸が2個以上(一般的には100個以下)結合したものです。

アミノ酸は結合する数で「ペプチド」や「タンパク質」と名前やはたらきを変えます。
アミノ酸(単体)<ペプチド(2~100個以下で結合)<タンパク質(100以上)
*結合数は、あくまでも一般的な数値で例外物質もあります。

「大豆ペプチド」「コラーゲンペプチド」など、健康食品やサプリメントに多く使用されているので名前を知っている人も多いと思いますが、「ペプチド」はアミノ酸が結合した物質です。

ペプチドの特徴については、後述の「アミノ酸サプリのメリット」でより詳しくご紹介します。

それでは、人間の体を構成する「20種類のアミノ酸」をご紹介します。

9種類の「必須アミノ酸」

この9種類のアミノ酸は人間の体内では合成できないので、食物から成分を摂取する必要があります。

  • トリプトファン
  • フェニルアラニン
  • リジン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • バリン
  • スレオニン(トレオニン)
  • ヒスチジン
  • メチオニン

必須アミノ酸の注意点

必須アミノ酸は1つでも不足すると、栄養価の値(レベル)を「不足している必須アミノ酸」に合わせる性質があり、全体の栄養価やはたらきが低下します。
ですから、必須アミノ酸はバランスよく摂取することが大切です。

そこでご紹介したいのが「アミノ酸スコア」です。

「アミノ酸スコア」でわかる必須アミノ酸のバランス

「アミノ酸スコア」とは、食品に含まれる9種類の必須アミノ酸バランスを数値化したものです。

動物性たんぱく質のアミノ酸スコアは100です。画像は卵。

肉類、魚類、牛乳、卵などの「動物性タンパク質」のアミノ酸スコアは、ほとんどが「100」(満点)なので、必須アミノ酸のバランスが良い「良質なタンパク質」を含む食品です。

植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは動物性タンパク質にくらべると低いものが多いです。

しかし、穀物や豆類、野菜類などの「植物性タンパク質」は、アミノ酸スコアが低いものも多いです。

【穀物】食パン(44)、精白米(65)、玄米(68)
【豆・ナッツ類】くるみ(44)、ごま(55)、大豆(86)、枝豆(97)
【野菜類】にんじん(55)、かぼちゃ(68)、にら(77)、ブロッコリー(80)

アミノ酸スコアの低い食品は、その品だけでは必須アミノ酸が不足しますので、他の食品と組み合わせることが必要になります。

「動物性タンパク質」の食品と組み合わせれば何も問題ないのですが、肉や魚を控えている人や菜食主義者の人などは、穀物や野菜などの組み合わせだけでバランスを考えて献立を作らなければなりません。

そんな方には、アミノ酸サプリメントの活用をおすすめします。

アミノ酸スコアが「100」になるように成分配合されているサプリや健康食品を利用すれば、食事の献立に悩む必要もなく、必須アミノ酸をバランスよく摂取することができるのです。

11種類の「非必須アミノ酸」

以下11種類のアミノ酸は体内で合成することができるので、それ自体の成分を摂取する必要はありません。

しかし、栄養バランスの乱れによって成分の合成が十分にできず、不足することもあるので注意が必要です。

  • アスパラギン
  • アスパラギン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • グリシン
  • グルタミン
  • グルタミン酸
  • システイン
  • セリン
  • チロシン
  • プロリン

アミノ酸によるプレ更年期の改善作用

アミノ酸の作用は数多くありますので、プレ更年期に役立つはたらきを抜粋してご紹介します。

免疫力の向上(アルギニン、グルタミンなど)

免疫力の向上(アルギニン、グルタミンなど)

アミノ酸は免疫細胞のエネルギー源になり、免疫細胞の合成を促進するはたらきもあるので、免疫力を活性化(免疫力UP)させます。

しかし、アミノ酸は筋肉疲労により大量消費されてしまうので、激しい運動を行うと免疫に関与するアミノ酸が不足してしまいます。

スポーツや過労の後に風邪を引きやすくなるのは、アミノ酸不足による免疫低下が起こるからです。

また、免疫力は20~30代でピークを迎えるので、40代のプレ更年期は「加齢による免疫力の低下」が起こり始めます。

日常からアミノ酸を摂取して「血中アミノ酸濃度」を高めておくと、年齢による免疫力の低下を補うことができるので、風邪などの感染症にかかりにくく疲労回復も早くなります。

脳機能の調整(チロシン、トリプトファンなど)

アミノ酸は脳のはたらきを高める作用があります。

人間の脳には千数百億個もの神経細胞があり、神経細胞同士が情報交換することで、体の機能や心の機能をコントロールしています。

この情報伝達は「神経伝達物質」(脳内ホルモン)によって行われ、脳内ホルモンが正確に情報を細胞に伝えることで、脳は正常に機能できるのです。

脳の神経伝達物質(脳内ホルモン)はアミノ酸でできており、アミノ酸にはホルモン分泌を促進するはたらきもあります。

ですから、アミノ酸を摂取すると脳細胞の情報交換が活発になり脳が活性化します。

脳の活性化により記憶力が向上するので、プレ更年期に起こりやすい物忘れや記憶力低下の予防改善に効果的です。また、心の調整が正常になると精神が安定するので、不眠やイライラなどの精神的な症状緩和も期待できます。

肌の再生、美肌・美髪効果(プロリン、アルギニン、システインなど)

アミノ酸による肌の再生、美肌・美髪効果(プロリン、アルギニン、システインなど)を写真つきでクチコミ報告中。

アミノ酸は、肌の再生や髪の成長を促進し、ハリや潤いのある肌や髪を作ります。

肌の主成分の「コラーゲン」や、髪の主成分「ケラチン」の原料はアミノ酸です。

アミノ酸の摂取により、コラーゲンやケラチンが増えるので、プレ更年期の乾燥しがちな肌や髪に潤いを与え、乾燥による肌のかゆみを防止する効果があります。また、関節の軟骨にもコラーゲンがあるので関節痛の改善にも有効です。

さらに、アミノ酸の「システイン」には、シミの原因になるメラニン生成の抑制、活性酸素の除去、新陳代謝の促進などの効果もあり、シミやシワ、皮膚がんの予防効果があります。

脂肪燃焼の促進(チロシン、アルギニンなど)

アミノ酸の脂肪燃焼効果を使えば、プレ更年期のぷち肥満も防げるかも。

アミノ酸は脂肪燃焼の促進効果もあります。

脂肪燃焼のしくみを簡単に説明します。
体内で活動エネルギーが必要になると、脳が脂肪を分解してエネルギーを作る「命令ホルモン」を分泌します。

脳から命令を受けた「脂肪分解酵素」が体脂肪を分解して血液中に流すことで、体脂肪はエネルギーとして消化されやすい状態になるのです。

アミノ酸は、脳が分泌する「命令ホルモン」の分泌を助けるはたらきと「脂肪分解酵素」を活性化させるはたらきがあります。
この2つのはたらきが、脂肪の分解・燃焼を促進させます。

アミノ酸の摂取は、プレ更年期の太りやすい・痩せにくい体質の改善に有効ですが、適度な有酸素運動を取り入れると、アミノ酸の脂肪燃焼作用がより効果的になります。

筋肉増強・体力の向上(ロイシン、イソロイシン、バリン)

アミノ酸には筋肉の増強や、持久力をUPさせるはたらきもあります。

40代になると「加齢による筋肉量や筋力の低下」が起こり、それにともない体力の低下や疲労感を感じやすくなります。
これは、筋肉が運動機能だけではなく、代謝にも影響しているからです。

筋肉量が減少して筋肉のはたらきが低下すると、糖や脂質の代謝が落ちて内臓脂肪が増加したり、運動時のエネルギー産生が低下するので疲れやすくなります。

アミノ酸は筋肉タンパク質を構成する栄養素、つまり筋肉の原料になる成分です。
その中でも「BCAA(分岐アミノ酸)」と呼ばれる3つのアミノ酸(ロイシン、イソロイシン、バリン)は、筋肉の増強や修復、筋肉痛の原因になる乳酸を抑制に高い効果を発揮します。

よってBCAAは、40代の筋肉強化や体力の向上にとても有効な成分です。さらに精神疲労の緩和にも効果的なので、疲労感、倦怠感、だるさ、イライラなど、精神的疲労から起こるプレ更年期の症状改善も期待できます。

以上のように、アミノ酸はプレ更年期の症状改善にとても効果的な成分です。

プレ更年期は摂取カロリーに要注意

必須アミノ酸は体内では生成できないため、食物により摂取する必要があります。

ここまでアミノ酸の効果・効能について説明してきましたが、アミノ酸の摂取方法について補足があります。

アミノ酸は「動物性タンパク質」にバランス良く含まれているので、肉や魚、卵などの食品は「アミノ酸スコア」が「100」(満点)だと説明しました。

しかし、「アミノ酸スコア」はバランスを表す数値で、成分の含有量を示す数値ではありません。

アミノ酸効果を得るためには毎日、一定量のアミノ酸を摂取する必要があります。
しかし、動物性タンパク質はカロリーが高い食品に多いので、基礎代謝が低下し始めているプレ更年期はカロリーを考慮しなければなりません。

よって、カロリーが低い穀物や野菜などの「植物性タンパク質」との組み合わせが有効。しかし穀物や野菜は、アミノ酸の含有バランスが悪いので組み合わせを考えての献立づくりが必要になります。

そこで、カロリーを気にせず確実に成分が摂取できる「アミノ酸サプリ」が有効です。

アミノ酸サプリのメリットと注意点

アミノ酸サプリのメリットと注意点

アミノ酸サプリを有効に活用するためにメリットと注意点を見てみましょう。

アミノ酸サプリのメリット

必要なアミノ酸を毎日一定量摂取できる

アミノ酸サプリには、アミノ酸の種類や含有量が表示されているので、目的に応じたアミノ酸を毎日一定量摂取することができます。

また、サプリメントの場合は、成分を「直接摂取」するので、カロリーが低く、消化・分解の必要がないので胃腸の負担が少ないのもメリットです。

吸収力の高い「ペプチド」状態で配合されている

アミノ酸サプリの多くは、成分を「ペプチド」の状態で配合しています。

タンパク質とペプチドはアミノ酸の結合で構成されている同種の物質です。
しかし、ペプチドはタンパク質よりもアミノ酸の結合数が少ないので、消化吸収が早く、アミノ酸よりも成分作用が長続きすると言われています。

食品からアミノ酸を摂取する場合、胃腸でアミノ酸に分解して吸収するまでに3~4時間かかります。

しかし、ペプチド(サプリ)の場合は30分~1時間で吸収することができるので、食品でアミノ酸を摂取するよりも即効性が期待できるのです。

アミノ酸サプリの注意点

アミノ酸は摂取するアミノ酸の種類によって、効能が変わってくるらしいので、注意が必要です。

アミノ酸を効率よく摂るために便利なサプリメントですが、注意しなくてはいけない点があります。
それは、アミノ酸はその種類によってはたらきが全く違うことです。

「脂肪を燃焼させたい」「お肌を綺麗にしたい」など、何か目的があってアミノ酸を摂取する場合、目的に合ったアミノ酸を選択しなくてはなりません。
そのためには、ある程度のアミノ酸知識が必要です。

また、運動や美容、健康などの目的で特定のアミノ酸だけを過剰摂取すると、体内のアミノ酸バランスが崩れて内臓に負担をかけてしまう場合があります。

アミノ酸やペプチド配合のサプリメントは吸収率が高いので、アミノ酸のバランスを考えて配合されています。
ですから、決められた用法・容量を守るようにしましょう。

おすすめの「アミノ酸サプリ」

高麗美人

高麗美人

「高麗美人」は、漢方の王様とも呼ばれる高麗人参が主原料のサプリメントです。

高麗人参というと滋養強壮や疲労回復に効果的なイメージがありますが、それだけではなく、必須アミノ酸8種類を含む合計18種類ものアミノ酸が含有されています。

18種類のアミノ酸の中には、筋肉増強・体力の向上に効果的なBCAA(分岐アミノ酸)である、ロイシン・イソロイシン・バリンも含まれます。

さらに、アミノ酸のプレ更年期改善作用である、免疫力の向上や脳機能の調整、脂肪燃焼の促進に効果的なサポニンも多く含まれているので、更年期世代の女性にオススメです。

詳しくはこちら

三黒の美酢

三黒の美酢

「三黒の美酢」は、体力低下や疲労感を感じやすい40代におすすめのサプリメントです。

原材料に使用されている「黒酢もろみ」には黒酢の約10倍のアミノ酸が含まれており、基礎代謝の向上や疲労回復に有効な「BCAA」を含む8種類の必須アミノ酸が摂取できます。

また、「黒にんにく」にも生にんにくの11.3倍のアミノ酸が含まれており「BCAA」もしっかり摂取できます。

さらに、効果をサポートするDHA・EPAも配合されているので、より高いアミノ酸効果が期待できるサプリメントです。

詳しくはこちら

このページのトップヘ