亜鉛サプリでプレ更年期改善!亜鉛の女性ホルモン増加作用とは

亜鉛サプリでプレ更年期改善!亜鉛の女性ホルモン増加作用とは。ミネラルから連想できる栄養素などを考えてみました。

栄養素の「ミネラル」と聞くと、カルシウムや鉄分を思い浮かべますが「亜鉛」を思いつく人は少ないのではないでしょうか?

あまり日常ではなじみのない「亜鉛」ですが、体内で重要なはたらきをしており、プレ更年期の改善にも有効な必須ミネラルです。

そこで、このページでは「亜鉛のはたらき」や「プレ更年期への作用」などについて説明します。

おすすめサプリを
すぐに確認する!

亜鉛の基礎知識

亜鉛は全身のあらゆる細胞内に存在しているミネラルで、3,000種類以上ある体内酵素の約300種以上の酵素に「補酵素」として関わっています。

体内酵素は、細胞内で行われている生命活動に必要な化学変化を助ける物質です。しかし、酵素は補酵素という別の物質と結びつかなければ稼働することができません。
酵素単体では機能できないのです。

つまり、亜鉛は300種類以上の体内酵素に必要な補酵素成分です。亜鉛が体内酵素を活性化することで、細胞の新陳代謝、骨や皮膚の発育、免疫反応など、体のさまざまな機能が正常に保たれています。

特に亜鉛は生殖機能との関連が深く、女性ホルモンの分泌を活性化させるはたらきがあるので、プレ更年期に有効な成分です。

しかし、亜鉛は日常の食生活で不足しがちな成分といえます。

なぜなら、亜鉛は多くの食品に含まれている割には含有量が少ないものが多く、また、腸管からの吸収率も悪く30%程度しかありません。
そして、他の栄養素に影響されて吸収率が下がる特徴があります。

亜鉛の吸収率を下げてしまう栄養素にミネラル成分の「鉄」や「銅」、コーヒーや緑茶に含まれる「タンニン」、牛乳の「カルシウム」などがあります。
亜鉛を積極的に摂取したい人は、食事での献立や食前食後の飲み物には注意が必要です。

そこで、毎日確実に一定量の亜鉛を摂取したいという人には「亜鉛サプリ」の活用をおすすめします。

それでは、亜鉛の主なはたらきをご紹介していきます。

亜鉛の主なはたらき

細胞分裂に関与・DNAの複製

人間の体には37兆個もの細胞があり、日々新しい細胞に生まれ変わっています。

亜鉛は体の組織を作る細胞分裂に関与しており、細胞内のDNA複製にも深く関わっています。このはたらきのおかげで、細胞が新しくなっても古い細胞と同じDNAを持ち、皮膚は皮膚のはたらき、骨は骨のはたらき・・というように、同じはたらきをすることができるのです。

亜鉛の主な働き。細胞分裂に関与・DNAの複製

皮膚の健康維持

コラーゲンの生成には亜鉛とビタミンCが必要です。
コラーゲンが不足すると肌の乾燥や老化の原因になります。

また、亜鉛は組織や細胞の新陳代謝を活性化して、皮膚の炎症や傷口を治すはたらきがあります。この作用を利用して胃潰瘍の治療にも亜鉛は利用されています。

味覚機能

亜鉛は舌の表面にある味蕾(みらい)の味を感じる細胞を作るはたらきに関与しており、亜鉛不足で代謝が悪くなると味覚異常が起こります。

生殖機能

亜鉛は男性の精子の生成や女性の卵巣機能を活性化させるはたらきがあり、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌にも関わっています。

女性の場合、亜鉛が不足すると卵巣機能が低下するので、生理不順の原因になるとも言われています。

免疫機能

亜鉛は、T細胞やナチュラルキラー細胞(NK細胞)など、免疫力となる細胞に関与しており、免疫力を強化するはたらきがあります。

アメリカには「亜鉛トローチ」が販売されていて、初期の風邪や風邪の予防に利用されています。

抗酸化作用

亜鉛は「スーパーオキサイド・ディスムターゼ(SOD)」という金属原子を含んだ酸化還元酵素群という成分に含まれており、活性酸素を分解する抗酸化作用に関わっています。

亜鉛の抗酸化作用引用元:亜鉛 | 成分情報 | わかさの秘密

プレ更年期への有効性

亜鉛の主なはたらきをご理解いただいたところで、プレ更年期への作用についてもご紹介します。

卵巣機能の活性化、女性ホルモンの分泌促進

亜鉛には卵巣機能の活性化や女性ホルモンを分泌促進するはたらきがあります。
亜鉛は生理痛、生理不順、生理前症候群(PMS)の改善に有効です。

また、ホルモンバランスが整うことで、自律神経の乱れの修正も期待できます。

その他にも亜鉛の抗酸化作用、免疫力の向上、新陳代謝の促進作用なども加わって、さまざまなプレ更年期の改善に効果的です。

脳の中枢神経の機能維持

亜鉛は記憶の形成や感覚の伝達など、脳神経系の情報伝達に関わっています。
脳神経への情報伝達が正常に行われると精神が安定し、記憶力の向上の効果もあります。

亜鉛は気分の落ち込み、イライラ、うつ病、記憶力の低下、物忘れなどの改善に有効です。

味覚の正常化による食欲不振の改善

亜鉛は舌の味覚を感じる細胞や唾液分泌を促進する細胞を活性化するはたらきがあります。
よって、味覚異常や唾液不足が原因の食欲不振やドライマウスの改善に効果が期待できます。

眼の健康維持

亜鉛はコラーゲンの生成に関与しており、眼の粘膜である角膜や網膜はコラーゲンでできているので不足すると眼のトラブルが起こります。

また、眼粘膜を保護し、涙のはたらきを助けるビタミンAの代謝にも亜鉛は関わっています。したがって、亜鉛は眼精疲労、ドライアイ、視力の低下などの改善に有効です。

育毛効果

毛根には亜鉛が多く含まれており、不足すると髪の成長が遅くなり、抜け毛や切れ毛などが起こります。

また、亜鉛はタンパク質の合成に関わっており、髪の主成分である「ケラチン」(タンパク質成分)の合成促進のはたらきにより育毛効果が期待できるので、細毛や薄毛などの改善に効果的です。

亜鉛サプリを選ぶポイント

亜鉛サプリを選ぶポイントをまとめてみました。

亜鉛は過剰摂取に注意が必要な成分です。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年)によると、亜鉛の摂取推奨目安量は、成人女性で8㎎/日、上限摂取量は35㎎/日となっています。

日常の食生活で亜鉛の過剰摂取になることはありませんが、亜鉛サプリを長期間服用する場合には、他の食事との組み合わせを考慮して過剰摂取には注意が必要です。

そこで亜鉛サプリを選ぶ際には「天然原料」のものを選ぶようにしましょう。
その中でも天然牡蠣のサプリは亜鉛の含有量も多く、他の栄養素も豊富に含んでいるのでおすすめです。

なぜ天然素材がよいのかというと、天然素材の成分は過剰摂取になっても体から排出されやすいからです。一方、合成成分の亜鉛は、解毒に時間がかかるので肝臓内に留まりやすく過剰摂取が起こりやすいと言われています。

おすすめの亜鉛サプリ

プレミアムオイスター

プレミアムオイスター

「プレミアムオイスター」は、牡蠣エキスに、40代に必要な健康サポート成分を配合したサプリメントです。

1日2粒で20㎎もの亜鉛が摂取できます。さらに、クルクミンやオルニチン、ビール酵母など、肝臓の働きを高める成分が配合されているので、疲労回復や免疫力の向上など、40代の活力向上にも効果的。

とくに、亜鉛不足が気になる人やお酒を良く飲むという人におすすめのサプリメントです。

詳しくはこちら

海乳EX

海乳EX

「海乳EX」は1日2粒で12㎎の亜鉛が摂取できるソフトカプセルタイプのサプリメントです。

牡蠣の生産地として有名な広島県の海域は、大腸菌や雑菌の量、塩分濃度などで、養殖海域に区分があり「海乳EX」は、生食用の海域(清浄海域)に指定されている、安全性の高い江田島産の生牡蠣だけを使用しています。

亜鉛を豊富に含む瀬戸内産の牡蠣エキスだけで作られたシンプルなサプリメントなので、亜鉛不足が気になる人におすすめです。

詳しくはこちら

カキプラスZ

カキプラスZ

「カキプラスZ」は、1日4粒で亜鉛7㎎と600㎎の牡蠣エキス、さらにブルーベリー葉エキスなどの健康サポート成分が摂取できるサプリメントです。

健康サポート成分として、ポリフェノールが豊富なブルーベリー葉エキスを業界で初めて配合し、さらに黒ゴマエキス、ウコンなど、強力な抗酸化作用を持つ成分や、新陳代謝を高めるビタミンB群も配合されているので、40代の美容と健康維持に有効です。

詳しくはこちら

このページのトップヘ