アラフォー世代が悩むプレ更年期とは?

メインイメージ

30代後半を迎えた頃から「年齢」を感じるようになった気がしませんか?
忙しいのに頑張りがきかない、体調の変化を感じやすい、イライラすることが増えた・・・実は、そんな体調の変化を感じているのはあなただけではないのです。

体調の変化が30代後半ごろから起こりやすくなるのは、加齢の影響で細胞や器官の新陳代謝が低下しはじめているからです。そして女性の場合は、体内に新陳代謝の低下が起こると、卵巣機能のはたらきも低下します。

そして「体内の新陳代謝の低下」や「卵巣機能の低下」は、頭痛や動悸、イライラなど、更年期障害に似た症状を引き起こすのです。

この30代後半から40代で起こる更年期障害に似た症状や、期間のことを『プレ更年期』と呼びます。

ではなぜ、プレ更年期が起こるのでしょうか?
プレ更年期が起こる原因やメカニズム、改善方法を詳しく見てみましょう。

プレ更年期はセルフケアで改善できます。

プレ更年期は、加齢の影響により「新陳代謝の低下」や「卵巣機能の低下」が起こり、自律神経や女性ホルモンバランスが乱れることで起こります。

そして、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなど、2次的な「外的要因」も加わることで、プレ更年期の原因は複雑化しているのです。

しかし、プレ更年期の不快な症状は病気ではありません。ストレスや生活習慣の乱れなどの要因を除去するだけでも早期改善が見込める一時的な症状です。

ですから、プレ更年期を早期改善には、まずは「外的要因」を除去することが大切です。そのためには、睡眠時間や食事の栄養バランスなどの「生活習慣の改善」が必要になります。

また「生活習慣の改善」だけでなく、適度な運動やサプリメントの活用などの「セルフケア」を取り入れることで、さらにプレ更年期の早期改善が期待できるようになるのです。

そこでこのサイトでは、プレ更年期を引き起こす原因について、症状別で詳しく解説しています。

また、セルフケア法もたくさんご紹介しますので、無理なく続けられる、自分に合った方法を見つけて、早期改善を目指しましょう。

プレ更年期とはどんなもの?

更年期や更年期障害という名前は誰でも知っていますが「プレ更年期」という名前はあまり知られていません。

その理由は、そもそも、プレ更年期は正式な病名ではないからです。

プレ更年期は病名ではありません。

プレ更年期は、閉経後の更年期や更年期障害と区別するための俗称。しかし、近年では病院などの医療機関でもプレ更年期という呼び名が使用されています。

ところがプレ更年期は俗称なので定義もありません。そのためプレ更年期という呼び名は「更年期になる前の時期(期間)」と「更年期障害に似た症状(病状)」の2つの意味で使用されています。

では、プレ更年期とは、女性にとってどのような時期なのでしょうか?

プレ更年期は更年期を迎える準備期間

プレ更年期は、年齢の影響で卵巣機能が衰えはじめる30代半ば~40代の女性が、更年期障害に似た共通の症状を感じるようになる期間です。

エストロゲン分泌量の変化

女性は一生のうちで「思春期」、「性成熟期」「更年期」の3つのライフステージを迎えるために、心や体に大きな変化があります。

そのなかでも、成熟期から更年期に移る30代半ば~40代は、卵巣に「閉経作業」という大きな変化が起こるため、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

また、40代前後の女性は、子育てや仕事、親の介護など多忙な世代なので、ストレスや疲労が蓄積しやすく、体調を崩しやすい時期。

そのため、更年期が近づくプレ更年期になると、生理周期や健康状態、感情のバランスが崩れやすくなります。そして、イライラや動悸、冷え、のぼせなど、更年期障害に似た症状が現れるようになるのです。

しかし、プレ更年期の不快な症状は、あくまでも「更年期障害に似た症状」なので、更年期障害とは違います。50歳前後の更年期に起こる更年期障害は、プレ更年期とは全く別の原因で起こるのです。

そこで、プレ更年期と更年期障害の原因の違いを説明します。

プレ更年期と更年期障害は原因が違う

プレ更年期と更年期障害とでは不快な症状を引き起こす原因が全く違います。

40歳前後に起こるプレ更年期は、主に加齢による女性ホルモンバランスや自律神経の乱れが原因で起こります。

しかし、睡眠不足やストレス、ダイエットによる偏食など、日常の生活習慣も不快な症状を引き起こす要因であるため、プレ更年期の原因は人それぞれ違うのです。

ところが、50歳前後に起こる更年期障害は「閉経による女性ホルモン不足」という、絶対的な原因があります。このように更年期障害の原因は1つしかないため、プレ更年期のように原因が人によって違うということもないのです。

では、なぜ「閉経による女性ホルモンの不足」が起こると、更年期障害が起こるのでしょうか?

そこで、更年期障害が起こるしくみをわかりやすく説明します。

更年期障害とは?

更年期障害とは、閉経により女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が不足することで起こる、頭痛やイライラ、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)などの症状です。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性が妊娠しやすいように子宮や卵管を整えるはたらきをしていますが、さらに、女性の体調や精神状態を安定させるはたらきもあるのです。

そのため、女性は閉経すると卵巣からエストロゲンの分泌が行われなくなり、体内が「エストロゲンの欠乏状態」になります。

すると、閉経前までエストロゲンが調整していた体調や精神状態が不安定になります。

そして「エストロゲン欠乏状態」に体が慣れるまでの間、更年期障害と呼ばれる不快な症状が起こるのです。

更年期障害が起こる期間は、基礎体力や新陳代謝、体質なども影響するため、人によって全く違います。閉経後5年程度でスッキリと治まる人もいれば、10年近くも体調不良に悩まされる人もいるのです。

若年性更年期障害とプレ更年期は違うの?

また、更年期障害は閉経を前提として起こる症状ですが、更年期でもない20代や30代の女性が、何らかの理由で閉経してしまうこともあります。

このような20代や30代での早期閉経はプレ更年期の症状ではありません。一般的には「若年性更年期障害」と称される症状です。

プレ更年期はセルフケアで十分改善が見込めますが、30代の早期閉経は病院での治療が必要です。

しかし、インターネットサイトなどでは「プレ更年期」と「若年性更年期障害」の呼び名が混同して使用されているので注意しなければなりません。

そこで、このサイトでのプレ更年期は、閉経を伴わない30代半ば~40代で、更年期障害に似た症状を感じている人と定義づけています。

では、プレ更年期の女性には、どのような症状が起こりやすいのでしょうか?

プレ更年期のおもな症状

40代前後のプレ更年期になると、心や体にさまざまな不快な症状を感じるようになります。
また、プレ更年期は同時に複数の症状を感じることが多いという特徴もあります。

では、これらの不快な症状は、どのような原因で起こりやすくなるのでしょうか?

プレ更年期が起こる主な原因

プレ更年期の原因はとても複雑化で、人によって原因が違います。
そこで、プレ更年期の原因を「根本的原因」、「直接的原因」、「外的要因」の3つに分けて詳しく説明します。

プレ更年期を引き起こす根本的な原因

プレ更年期の根本的な原因は、加齢による「新陳代謝の低下」と「卵巣機能の低下」の2つです。

●加齢による新陳代謝の低下
女性は35歳半ばを過ぎると、細胞や器官の新陳代謝が低下しはじめます。すると、体内で生産するエネルギー量が減少するため、脳や臓器のはたらきが弱くなり、体調が変化しやすくなります。

また、脳神経や臓器のはたらきが低下すると、機能を管理している自律神経の調整力にも乱れが起こるため、さらにプレ更年期の不快な症状が起こりやすくなるのです。

●加齢による卵巣機能の低下
加齢による新陳代謝の低下が起こると、女性の場合は卵巣機能も低下しはじめます。そして、卵巣機能が低下すると、女性ホルモンバランスの乱れやホルモン分泌量の減少が起こります。
すると、生理周期が乱れることで、プレ更年期の症状が起こりやすくなるのです。

さらに、女性ホルモンと自律神経のバランスには相互作用があるため、加齢による卵巣機能の低下は自律神経の乱れの原因にもなります。

このように、プレ更年期には加齢による新陳代謝の低下や卵巣機能の低下が元となり、次にご紹介する「直接的原因」を引き起こしているのです。

プレ更年期の不快な症状の直接的な原因

プレ更年期の不快な症状を引き起こす直接的な原因は3つ。
女性ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、女性ホルモンの分泌減少です。

それぞれの原因について詳しく見てみましょう。

●女性ホルモンバランスの乱れ
加齢による卵巣機能の低下やストレスなどの影響により女性ホルモンバランスが乱れると生理周期や体調が不安定になります。

その理由は、女性ホルモンバランスが乱れることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が不安定になるからです。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性が妊娠しやすくなるように子宮や卵管を調整するはたらきがあります。しかし、女性が妊娠するためには、体調や精神の安定も必要となるので、エストロゲンは、脳や臓器を管理している自律神経や女性の感情なども調整しているのです。

そのため、女性ホルモンバランスが乱れるとエストロゲンの分泌量が不安定になり、生理不順や腹痛、むくみ、イライラなどのプレ更年期の症状が起こりやすくなります。

●自律神経の乱れ
また女性ホルモンバランスの乱れが影響して自律神経のバランスが崩れることでも、不快な症状が起こりやすくなります。

なぜなら、自律神経のバランスは女性ホルモンバランスと相互関係にあるからです。加齢による卵巣機能の低下で女性ホルモンバランスが乱れると、お互いにバランスを保ち合っている自律神経のバランスも崩れやすくなります。

すると、自律神経が調整管理している脳や心臓、肺、胃腸などの臓器や器官のはたらきが悪くなり、動悸や冷え、便秘、不眠、イライラなどの不快な症状が起こるのです。

さらに40代前後の女性の体内は、新陳代謝の低下により臓器や器官の機能低下も起こっています。そのため、自律神経が乱れると、不快な症状が重篤化したり、複数の症状を同時に感じやすくなるのです。

●女性ホルモンの分泌減少
加齢による卵巣機能の衰えがすすみ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少すると、エストロゲンの不足で起こる更年期障害に似た症状が起こりやすくなります。

また、女性ホルモンの分泌減少は、自律神経のバランスを乱す原因にもなるため、さらにプレ更年期の症状を増やしてしまうことになるのです。

しかし、プレ更年期の不快な症状は、ホルモンバランスや自律神経、女性ホルモンの減少の3つの原因だけで起こっているのではありません。
なぜなら、プレ更年期の原因を引き起こす外的要因もあるからです。

そこで、プレ更年期の原因を複雑化させている主な外的要因をご紹介します。

プレ更年期の原因を複雑化させている外的要因

プレ更年期の不快な症状の原因である女性ホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こす「外的要因」は、主に次の3項目です。

●心理的・精神的ストレス
ストレスが体を緊張させたり、脳を混乱させることで、自律神経や女性ホルモンバランスが乱れると、不眠やイライラなど、心身に不快な症状が起こります。

●生活習慣の乱れ
不規則な睡眠時間や昼夜逆転の生活などにより、生活のリズムが崩れると、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えバランスが乱れます。すると、血行不良や冷え症、便秘などの症状が起こりやすくなります。

●食生活の乱れ
過激なダイエットや偏食は、体だけでなく脳も栄養不足にさせます。すると、脳や神経のはたらきが低下するため、自律神経やホルモンバランスの乱れの原因になります。

このように、プレ更年期の原因には、日常の生活習慣やストレスが外的要因として大きく関係しています。そのため、プレ更年期の原因を追求して改善するのは、とても大変な作業なのです。

では、プレ更年期の不快な症状を改善するためには何をすべきなのでしょうか?

プレ更年期に有効な3つの改善対策

プレ更年期の不快な症状を改善するために有効な「セルフケアのポイント」を3つご紹介します。

●日常の生活習慣の見直し
プレ更年期の原因となる自律神経や女性ホルモンバランスは、日常の生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどが大きく影響します。
日常生活のなかに、プレ更年期の原因となるものがあれば積極的に改善しましょう。

●バランスの良い栄養摂取
食事の栄養バランス整えることで、全身に十分な栄養が届きやすくなります。すると、細胞や器官の活性化、脳機能の向上など期待できるため自律神経が整いやすくなるのです。
さらに、自律神経が整うことで、女性ホルモンバランスも正常化しやすくなります。

●プレ更年期対策サプリメントの活用
近年では、40代の女性のためのサプリメントが積極的に開発されているため、生活習慣や食生活の見直しができない人でも、手軽に効率よくプレ更年期対策をすることができます。

40代女性を対象にしたプレ更年期サプリには、不快な症状の直接的原因である、女性ホルモンバランスや自律神経の乱れを調整する作用に優れた成分が配合されています。

また、40代女性が不足しがちな栄養素を配合した栄養補助サプリや、不眠やイライラ、冷え性、むくみなど、特定症状の改善緩和を目的としたサプリもあります。

そのため、自分に合うプレ更年期対策サプリが見つかると、無理なく簡単にプレ更年期対策ができるだけでなく、早期改善も期待できるのです。

ですから、プレ更年期対策サプリを選ぶ時は「とりあえず飲む」のではなく、必ず自分の目的に合うものを選ぶようにしてください。

そこで、はじめてプレ更年期対策サプリを利用する方のために、選び方のポイントをご紹介します。

プレ更年期対策サプリ選びのポイント

プレ更年期は、不快な症状の原因が人によって全く違います。また、複数の症状を同時に感じている人も多いため、誰もがサプリメント選びにとても悩みます。

しかし、プレ更年期には症状を引き起こす「女性ホルモンバランスの乱れ」、「自律神経の乱れ」、「女性ホルモンの分泌量の減少」の3つの直接的原因があります。

ですから、この3つの直接的原因ののうち、自身の症状がどの原因で起こっているかがわかれば、症状改善に効果的なサプリメントが選びやすくなるのです。

そこで、プレ更年期対策サプリのポイントになる3つの作用についてご紹介します。

●女性ホルモンバランス調整作用
大豆イソフラボンなどの植物成分や動物の胎盤(プラセンタ)には、女性ホルモンに似たはたらきを持つ成分があり、女性ホルモンのバランスを調整する作用が期待できます。

【 こんな人におすすめ 】
加齢による女性ホルモンの減少はほとんどないが、生理周期が乱れやすくなったり、経血量の増減を感じるようになった女性におすすめします。

●自律神経調整作用
高麗人蔘などの植物成分やローヤルゼリーなどには、自律神経の調整に有効な成分や物質が含まれています。

【 こんな人におすすめ 】
加齢による女性ホルモンの減少や生理周期の乱れがない女性。ストレスや疲労が蓄積しやすく、イライラや落ち込み、不眠など、精神的に不安定になりがちな人におすすめです。

●女性ホルモン様作用
大豆などの植物に含まれるイソフラボンは、腸内細菌によって「エクオール」という成分に変化することで、女性ホルモンバランスや過不足を調整する作用があります。

しかし、食品から直接エクオールを摂取することはできません。また、腸内細菌の種類によってエクオールの生産量が違うため、効果の実感も人によって違うのです。

しかし、サプリメントでは「エクオール」を直接摂取することができるので、誰でもイソフラボン効果を実感することができます。

【 こんな人におすすめ 】
大豆イソフラボンサプリを試しても効果が見られなかった女性。
加齢によるホルモン減少が見られるが「ホルモン補充法(HRT)」など、病院での治療に頼りたくない45歳以上の女性にもおすすめです。

また、サプリメントは薬ではないので速攻性がありません。ですから、最低でも2か月は飲み続ける必要があります。

そのため、原材料の安心感や飲みやすさ・続けやすさもサプリ選びの重要ポイントになります。

そこで、プレ更年期女性に人気の成分やサプリメントをご紹介します。

40代のプレ更年期におすすめの5種類のサプリメント

40代のプレ更年期対策サプリで人気の成分は「大豆イソフラボン」、「高麗人参」、「プラセンタ」、「エクオール」、「ローヤルゼリー」の5種類です。

そこで、人気のあるプレ更年期対策サプリメントをおすすめ順で紹介します。

プレ更年期の症状改善におすすめのサプリメントランキング!

高麗美人

高麗美人

「高麗人参」は、自律神経や女性ホルモンのバランスを整えるジンセノサイド(サポニン)をたっぷり摂取できる高麗人参サプリです。

高麗人参の薬効成分「ジンセノサイド(サポニン)」には、30種類以上もの薬効効果があり、特に自律神経やホルモンバランスの調整、疲労回復、血流改善効果に優れています。

さらに高麗美人では、高麗人参のなかでも最高級品「プンギ産6年根の紅参」を100%使用しているので、より高い薬効効果が期待できます。

そのため、冷え性や肩こりなどのプレ更年期の諸症状の予防緩和だけでなく、美肌などの美容にも効果的。肌の衰えが気になりはじめる、30代・40代女性には嬉しいサプリメントです。

からだ想い 基本のサプリ

からだ想い 基本のサプリ

「からだ想い 基本のサプリ」は、お醤油メーカーとして有名なキッコーマンが、長年の大豆研究の結果をもとに開発した、プレ更年期女性の症状改善のためのサプリメントです。

このサプリには、女性ホルモンに似たはらたきを持つ「大豆イソフラボン」が、体内吸収率の高い「アグリコン型イソフラボン」で配合されています。

さらに、血流改善に有効な「ブドウ種子ポリフェノール」や貧血を予防する「葉酸」、カルシウムの吸収を高める「ビタミンD3」など、30代・40代女性の健康維持に必要な栄養素もたっぷり。

そのため、加齢によるホルモンバランスの乱れが気になる人だけでなく、冷え性や肩こり、気分の落ち込みなど、プレ更年期の諸症状を改善したい人におすすめです。

FUWARI

FUWARI

FUWARIは純度100%の高品質な豚プラセンタを濃縮配合したサプリメントです。1日3粒で、プラセンタが360㎎(原液換算7,200㎎)も摂取できます。

プラセンタには、自律神経やホルモンバランスの調整に有効な酵素やアミノ酸などの有効成分が豊富に含まれているので、プレ更年期の諸症状の予防改善にとても効果的です。

さらに、高い抗酸化作用を持つビタミンEやアスタキサンチン、肌や関節など体内組織の保湿や弾力を保つヒアルロン酸やセラミドなど5種類の健康サポート成分も配合。

30代を過ぎて体調が不安定になった人や、体内の乾燥を予防して若さを持ちたい人におすすめのサプリです。

酵素分解ローヤルゼリーキング

酵素分解ローヤルゼリーキング

「酵素分解ローヤルゼリーキング」は、1日3粒で吸収性を高めた乾燥ローヤルゼリー2,400㎎と1日に必要な亜鉛を手軽に摂取できる栄養機能食品です。

ローヤルゼリーに含まれる特有成分「デセン酸」には、女性ホルモンの調整作用や活性作用があります。そのため、30代後半から40代女性に起こりやすいホルモンバランスの乱れの改善に効果的。

また、自律神経を安定化させる「アセチルコリン」も含まれているので、自律神経失調の諸症状の緩和も期待できます。

さらに、ローヤルゼリーには、ビタミンやミネラルなど、40種類以上の豊富な栄養素が含まれているので、食生活が乱れがちな人にもおすすめです。

キレイ・デ・プラセンタ

キレイ・デ・プラセンタ

「キレイ・デ・プラセンタ」は、北海道産サラブレッド由来の純度100%ピュアプラセンタを1粒で220㎎も摂取できるサプリメントです。

サラブレッド馬の胎盤には、自律神経の安定化やホルモンバランスの調整、体内の自然治癒力を強化するアミノ酸や酵素などプレ更年期の症状改善に有効な成分が豊富に含まれています。

この豊富な有効成分を壊さないために、キレイ・デ・プラセンタでは医薬品と同じ安全性の高い「ラエンネック製法」で成分を抽出。

そのため、医薬品と同等の高品質なプラセンタをしっかりと摂取できるので、プレ更年期の諸症状の改善や美肌ケアに、とても効果的です。

華美幸年(はなびこうねん)

華美幸年(はなびこうねん)

華美幸年(はなびこうねん)は、イソフラボンの吸収率を高めた「アグリコン型イソフラボン」を1日2粒で30㎎摂取できるサプリメントです。

納豆や豆腐、豆乳などの大豆食品に含まれるイソフラボンのほとんどは、体内吸収率の悪い「グリコシド型」。

しかし華美幸年では、大豆イソフラボンを麹菌で発酵させて体内吸収率を3倍以上に高めた「麹菌発酵大豆イソフラボン(アグリコン型)」が配合されています。

さらに、コラーゲンの生成を助ける、薬効植物「月桃葉(げっとうよう)」や髪や肌の健康を保つ「L-シスチン」などの美容サポート成分も摂取できます。

大豆食品が苦手な人や健康だけでなく美容も気になる40代女性におすすめです。

エクオールプラスラクトビオン酸

エクオールプラスラクトビオン酸

「エクオール+ラクトビオン酸」は、食べ物から直接摂取することができない女性ホルモン様成分「エクオール」を直接摂取できるサプリメントです。

大豆イソフラボンは、体内の腸内細菌により「エクオール」に変換されることで、はじめて女性ホルモンに似たはたらきをします。しかし、腸内細菌は人によって違うため、効果が実感できない人も多いのです。

そこで開発されたのがこのサプリ。エクオールを直接摂取できるので、腸内細菌の種類に左右されず、誰でも高い大豆イソフラボン効果を実感できます。

イソフラボンサプリを試しても効果を感じられなかった人や、加齢によるホルモン減少が見られる45歳以上の女性におすすめです。

40代女性はプレ更年期と間違えやすい病気にも要注意

40代のプレ更年期の女性は、年齢とは関係なく起こる症状にも注意が必要です。

プレ更年期は、加齢による新陳代謝や卵巣機能の低下の状態にストレスや生活習慣の乱れなどの2次的な要因が加わって起こります。

しかし、年齢に関係なくプレ更年期に似た症状を発症するものもあるのです。

そこで、プレ更年期の症状と間違えやすい「月経前症候群(PMS)」と「自律神経失調症」についてご紹介します。

●月経前諸侯群(PMS)
月経前症候群(PMS)は、20~40代女性の生理前に起こる、イライラや頭痛、肩こり、眠気などの不快な症状の総称です。

PMSには、生理が始まる1~2週間前から不快な症状があらわれ、生理が始まると消えるという特徴があります。ところがPMSは、まだ原因が解明されておらず、検査方法もありません。

そのため、40代のプレ更年期の女性は、不快な症状がPMSによるものなのか、女性ホルモンの影響によるものなのかを判別する必要があります。

●自律神経失調症
40代のプレ更年期の女性はストレスが原因で起こる自律神経失調症にも注意が必要です。

自律神経失調症とは、自律神経系のさまざまな症状の総称。病気が原因ではなく、自律神経のバランスが乱れることで起こるため、年齢を問わず、誰でも発症する可能性があります。

自律神経失調症の主な症状は、頭痛や動悸、のぼせ、便秘、下痢などで、プレ更年期の症状にとても似ています。

しかし、自律神経失調症の主な原因は「ストレス」。体に症状が出ていても、原因は「こころ(精神的ストレス)」である可能性が高いのです。

プレ更年期もストレスが1つの要因で起こりますが、あくまでも「一時的な症状」。しかし、自律神経失調症の場合は長期化しやすく「うつ病」に悪化する場合もあります。

ですから40代の女性は、心や体の変調や不調を「歳のせい」と放置せず、原因を究明して早期改善することが大切なのです。

40歳になったら知って欲しい「プレ更年期」のこと

これまで「プレ更年期」の存在を知らず、心や体の変調を「歳のせい」と見過ごしている女性も多いと思います。
しかし、プレ更年期は、女性が更年期を迎える大切な準備期間です。

プレ更年期の不快な症状を放置したまま更年期を迎えると、更年期障害の症状も重篤化しやすいと言われています。

つまり、30代半ば~40代のプレ更年期の過ごし方で、50代に迎える更年期を楽に過ごせるかどうかが決まると言っても過言ではありません。
ですから、今抱えている不調は、できるだけ早期改善しておく必要があるのです。

そこでこのサイトでは、執筆者の経験を活かしながら、同世代のプレ更年期の女性にお役に立てる情報を発信しています。

サイトタイトル「プレメノ」は、英語で「更年期」を意味する「Menopause(メノポーズ)」からつけた名前です。

更年期の前の世代である「プレ更年期(Pre-Menopause)」の女性が、健康で明るく元気に過ごせることを目的に、これからも情報発信を続けていきたいと思います。

このサイトは40代のプレ更年期の女性だけでなく、今はまだ何も症状を感じていない30代の方にも予備知識として活用していただけたら嬉しいです。

サイト利用上の注意

このサイトでは、プレ更年期の症状、原因、セルフケア方法などについて説明していますが、病院での治療が基本となる症状(生理異常、生理不順など)については、詳しく解説していません。

女性の内分泌系の症状は「セルフケア」の領域ではないと、個人的に考えておりますのでご理解ください。

また、このサイトでは「プレ更年期をセルフケアで予防改善する」ということを大前提にしているため、セルフケアレベルの症状を対象に解説しています。

ですから、どのような症状であっても、病院で診察を受けた上で、ご自身の症状がセルフケアで改善できるレベルかどうかを確認してください。

そして、セルフケアで改善が可能であると確認できれば、今日からプレ更年期のセルフケアを開始しましょう。

このページのトップヘ